最高時給は29ドル!ワーホリで稼いだ給料と職種を紹介します

 

世界一周中のユウシです。

 

今回はオーストラリアの給料を公開します。

 

僕が2年間のワーホリで働いた5つの職業の給料を紹介するので、
ワーホリをしている方は仕事選びの際の参考にしてください。

 

 

 

初めに

初めに結論を言いますと。

オーストラリアは高時給です!!

 

給料が最低クラスのジャパニーズレストランですら時給19ドル(約1500円)
ローカルの仕事で条件さえ揃えば、時給29ドル(約2300円)なんてこともあります。

 

職種や働く都市によって給料は多少変わりますが、
日本よりも高時給なのは間違いないです。

 

 

ここからは僕が働いた仕事の給料を、
給料明細(payslip : ペイスリップ)とともに紹介していくので、
最後まで読んでいってください!

 

紹介する給料

 

・パン屋

 

・建設業

 

・ファーム

 

・ワインファクトリー

 

・ジャパニーズレストラン

 

 

 

パン屋の給料

 

仕事内容:パン屋のキッチンスタッフ(主にサンドイッチの調理)
雇用形態:カジュアル
勤務地:パース Perth
勤務時間:深夜0時〜8時 (1日5〜6時間勤務)
基本時給:19.47ドル
     27.65ドル(平日手当て込み)
        29.21ドル(土日手当て込み) 

 

 

 

僕がワーホリ中に一番給良かった給料が、パースにあるパン屋でのキッチンスタッフでした。

 

 

勤務時間が深夜であったことから、
基本時給19ドルに平日手当てと深夜手当で+8ドルが足され、
時給が27ドルまで上がりました。

 

さらに土日では給料が50%上がるので、
基本時給に9ドルを足して時給29ドルになります。

 

 

仕事内容はパンをカットし、ソースを塗り、
肉や野菜をパンに挟んでサンドイッチを作るというもの。

 

パンを作ることはなかったので、
パン作りの経験がなくても仕事に就くことができました。

 

キッチンスタッフでここまでの高時給を貰える仕事は少ないので、
とにかくお金を稼ぎたいと思っている人は、
パン作りの経験がある人はもちろん、経験のない人も挑戦してみてください。

 

 

ローカルの仕事を見つけるにはgumtreeで検索するのが一番です。

 

オーストラリアで仕事を探している時に「履歴書を配れ!」という言葉を聞きますが、
正直古くないですか?

 

下のブログに履歴書配りについて書いたので、
これから仕事探しをする方は読んでみてください。

 

 

建設業の給料

 

仕事内容:溶接
雇用形態:カジュアル
勤務地:アリススプリングス Alice Springs
勤務時間:7時〜17時 (10時間勤務)
基本時給25ドル

 

 

仕事内容:足場撤去
雇用形態:カジュアル
勤務地:アデレード Adelaide
勤務時間:7時〜15時 (8時間勤務)
基本時給25ドル

 

これはアリススプリングスで溶接の仕事をしていたとき
給料明細(ペイスリップ)です。

 

 

建設業の給料はどこでも一定で25ドルです。

 

僕が働いていたアリススプリングスの田舎では、
雇用形態はカジュアルでしたがシフトがしっかり決められていたので、
毎日働くことができました。

 

 

逆にアデレードのときは派遣バイトのような働き方で、
同じバックパッカーの人達と仕事を取り合うことになり、
全く働くことができませんでした。

 

 

都会ではバックパッカーに向けた求人をよく見かけます。

 

時給がいいのは確かですが
毎日働けるかは微妙です。

 

お金を稼ぎたいという人は、
幾つかの派遣会社に登録することをオススメします。

 

 

オーストラリアの建設業で働くにはホワイトカード(White Card)という資格と、
PPEという建設現場で使う道具(服や靴など)を揃える必要があります。

 

下の記事に建設現場の仕事についてまとめたので、
参考に読んでください。

 

ファームの給料

 

仕事内容:レモン、マンゴーのピッキング
雇用形態:カジュアル
勤務地:キャサリン Katherine
勤務時間:6時〜15時 (9時間勤務)
基本時給22ドル(固定)

 

 

僕が働いていたファームは適当なところが多くあり、
ペイスリップが送られなかったです。

 

セカンドビザを取るためにファームへ行く人も多いと思いますが、
職場の環境が最悪な悪徳ファームの話をよく聞きます。

 

僕もそんな職場環境が最悪な悪徳ファームに引っかかった一人です。

 

 

ファームの出来事を書いたブログがあるので、
こんなファームもあるんだ程度に読んでください。

 

 

ワインファクトリーの給料

 

仕事内容:ワインファクトリーでの雑用
雇用形態:パートタイム
勤務地:アデレード Adelaide
勤務時間:8時〜16時 (8時間勤務)
基本時給19.75ドル

 

 

 

アデレードのワイン工場で働いたときのペイスリップです。

 

ワインボトルを箱に詰めたり拭いたりする簡単な仕事で、
20ドル近い給料を稼ぐことができました。

 

アデレードで仕事探しに困ったときは、
ワインファクトリーの仕事も考えてみてください。

 

 

下のブログにワインファクトリーの仕事についてまとめたので、
興味のある方は読んでください。

 

 

ジャパニーズレストランの給料

 

仕事内容:キッチンスタッフ
雇用形態:パートタイム
勤務地:パース Perth
勤務時間:8時〜21時 (13時間勤務)
基本時給18.93ドル (平日)
     23.66ドル (土曜日)

 

 

仕事内容:キッチンスタッフ
雇用形態:カジュアル
勤務地:アデレード Adelaide
勤務時間:16時〜21時 (8時間勤務)
基本時給18ドル

 

これはパースのジャパレスで働いたときのペイスリップです。

 

 

パースは他の都市に比べてジャパレスの給料が高いことで有名です。

 

そして僕が働いていたレストランでは、
雇用形態がパートタイムであったことから

 

・勤務時間を確保できた

 

・有給休暇がもらえた

 

・祝日は休みだけど給料が出た

 

・土曜日は給料が25%上がる

 

などの色んな特典が付き、
ローカルジョブ並みに稼ぐことができました。

 

 

ワーホリで初めて働く方は、
カジュアルとパートタイムの違いについてよくわからないと思います。

 

僕のオススメの雇用形態はパートタイムです。

 

カジュアルとパートタイムの違いについてまとめたブログがあるので、
これから働く方は参考に読んでください。

 

 

ジャパレスはローカルジョブに比べて、
比較的簡単に仕事に就きやすいです。

 

しかしその反面に、給料が異様に安かったり、
職場の雰囲気が悪かったりする悪徳なジャパレスも多くあるみたいです。

 

良いジャパレスになるとお金を稼ぎやすいので、
仕事は妥協せずに探しましょう。

 

 

僕はジャパレスとローカルの職場を掛け持ちして、
1週間に1000ドル以上稼ぐこともできました。

 

お金を稼ぎたい人は下のブログを参考に読んでください。

 

 

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

オーストラリアの給料は日本に比べて高時給です。

 

ローカルのお店で働ければ時給20ドル以上
ジャパレスでも時給18ドル以上は稼ぐことができるので、
日本よりもお金は稼げると思っていいでしょう!

 

これからワーホリする人は、
違法な時給で働かせるような悪徳の仕事に就かないように、

このブログの給料を参考にしてもらえればなと思います。

 

ワーホリに関する記事は下からお願いします。

 

  

 

  

 

  

 

 

コメントを残す