100冊読書 × 1,2冊目 × 孫子

世界一周中のユウシです。

100冊読書チャレンジ、記念すべき1冊目、そして2冊目の本を紹介していきます。

今回紹介するのは、僕が本を読むきっかけとなった本、「孫子」です。

 

 

孫子を読んだ感想

孫子を読んだ感想を最初に話しますと、

「生きていくうえで必要なことが書かれている」と思いました。

 

人生は勝負の連続です。学校のテストから始まり、部活の試合やサークル活動、大学入試や就職活動、社会に出れば毎日が勝負です。

そして自分の好きなことをやるには、この勝負に勝ち続けなければいけません。

孫子には、この「勝負に勝つ方法、勝つためには何をするべきなのか」が書かれています。

 

僕の率直な感想は、
もっと早く、できれば学生時代に「この本を読んでいればなと」思いました。
それぐらい、生きていくうえで役に立つことが書かれている本です。

 

孫子とは

孫子について知らない人もいると思うので、まず初めに孫子について説明します。

孫子とは紀元前500年頃の中国春秋時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書。

(wikipediaより)

なんかよくわかんない。

簡単に説明しますと、「2000年以上前に書かれた、戦いで勝つ方法についてまとめた本」です。
現代風に言うとすれば、「絶対に戦いで勝てる13の方法」みたいな感じです。
↑なんか胡散臭いですよね。笑

だけどこの「孫子」のすごいところは、2000年以上前に書かれたものなのに、今の時代でも通じるものがあるというところです。

 

孫子の内容

孫子の内容は13篇で構成されています。
その中でも僕が好きなものを一つ紹介します。

 

計篇 五事七計
孫子では、「戦争を始めるときは慎重に」と書かれています。

戦争が始まってしまうと、人の命はもちろん、お金や物資なども莫大にかかります。
そして、始まってしまったら必ず勝たないといけないのが戦争です。

これは日常で起こりうる勝負にも言えることで、やるからには勝ちたいですよね。

 

そこで孫子では、戦ってから勝ち負けを判断するのではなく、戦う前に勝てるかどうか「勝算」を判断し、勝てる勝負だけしろと言います。

そして、その勝算を判断するのに使うチェックリストが「五事七計」です。

 

五事とは、道(集団の意志)、天(自然の環境)、地(戦場の特徴)、将(リーダーの資質)、法(組織の体系)

そして七計とは、敵と自分を比較する七つの項目を使って勝算を判断するとういうものだ。

 

敵が自分で勝てる相手か、勝てない相手かを判断する能力は、戦闘能力よりも重要である

(超訳 孫子の兵法より)

 

このように「戦う前に準備するもの」「考え方」そして「戦い方」が書かれているのが「孫子」という本です。

他にも紹介したい内容がたくさんあるのですが、長くなるので、是非本を読んでいただきたいです。

 

どんな人が読むべきか?

僕はこの本は全ての人が読むべきだと思っています。

 

本当に全ての人にです。

 

学校で国語の教科書や歴史の教科書を読む感じで、孫子も学生の時に読ませるべきだと思うんですよね。
孫子には生きていく上で役に立つことが、たくさん書かれています。

 

僕は、大して記憶にも残らない物語や、縄文時代や弥生時代の歴史なんて勉強させるぐらいなら、孫子について教えてほしかったですよ。

 

孫子の本

孫子について、訳された本をたくさんあります。

 

正直どれがオススメの本なのかは、僕にはわかりません。

 

それだけ多くの出版社が出版しているので、自分が読みやすいものを選ぶことが一番だと思います。

電子書籍ならサンプルである程度読めますしね、本屋に行けば普通に置いてあるので探してみてください。

 

今回は僕が読んだ「孫子」を2冊、本の特徴とともに紹介するので、本を選ぶ参考に読んでください。

 

超訳 孫子の兵法

超訳 孫子の兵法

この本は「超訳」と書いてあるだけあって、孫子の「解説」に力が入っている本です。
現代で活躍している人を例にして解説してくれるので、わかりやすく、読みやすい内容になっています。

現代のビジネス向けに解説されている部分も多くあり、初心者の方にオススメできる本だと思います。

 

孫子 勝つために何をすべきか

孫子・勝つために何をすべきか (PHP文庫)

この本は、孫子の内容をより深く理解するための本だと思います。

孫子を読んだ人たちが、戦争でどのような活躍をしたか、どのような影響を及ぼしたのかなど、孫子の重要性について書かれた本です。

1冊目に読む本というよりかは、理解を深めるために2~3冊目に読むべき本ではないかと思います。

 

最後に

孫子は、生きていくうえで必要なことが書かれている、心からオススメできる本です。
まだ読んだことがない人は、是非読んでみてください。

孫子に関する本はたくさんあるので、僕が紹介した本だけでなく、自分にあった読みやすい本を読むことをオススメします!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ツイッターで100冊読書チャレンジの、今読んでいる本について呟いています。

フォローしてない方は是非フォローしてください。

むしろオススメの本があれば教えてください。

ツイッター名 : 世界一周中のユウシです。

 

コメントを残す