食事は?宿は?許可証は?エベレスト街道のトレッキング情報を紹介

 

世界一周中のユウシです。

 

僕は2019年10月に、
エベレスト街道のゴーキョピークとカラパタールの2つを目指して、
13日間のトレッキングをしてきました。

 

 

今回はこれからエベレスト街道をトレッキングする方に向けて、

 

エベレスト街道の拠点となる村や必要な許可証、
トレッキング中の食事や宿など、

 

トレッキングを始める前に知っておきたいことを紹介します。

 

*ここからは100ルピー=100円で書きます。

 

 

 

 

エベレスト街道のゴール地点やルートについて知りたい方は、
下の記事を先に読んでください。

 

 

拠点となる村

・ルクラ

 

名称:ルクラ Lukla

 

飛行機を使ってエベレスト街道にやってくる人が
トレッキングを始める村がルクラです。

 

ホテルやレストランから、
トレッキング道具を販売しているお店やレンタルショップなど、

 

トレキングに必要なものは何でも揃えることができます。

 

そしてルクラがエベレスト街道をトレッキングする中で、
一番値段が安い村でもあります。

 

ルクラを出てからナムチェに行くまで、
食事や軽食の値段が上がっていくので、

 

水やお菓子を買い込むのであれば、
出発前に買い込んでおくことをオススメします。

 

 

 

・ナムチェ

 

名称:ナムチェ Namche

 

エベレスト街道の途中にある村で一番大きい村がナムチェです。

 

ナムチェはルクラと同様、
何でも揃えることができる村です。

 

物価はルクラと同じものもあれば、
若干高いものもあります。

 

ナムチェ以降は物価がどんどん高くなるので、
軽食や水を買い込むならナムチェで買い込みましょう。

 

 

許可証と入域料

・支払うもの

 

・許可証:2,000ルピー (2,000円)
(Khumbu Passing Lhasa Rural Municipality Entrance Fee)

 

・サガルマータ国立公園の入域料:3,000ルピー (3,000円)

 

エベレスト街道をトレッキングするのに、
上の2つの料金を支払う必要があります。

 

エベレスト街道の道中にそれぞれのオフィスがあるので、
お金を支払うだけなので事前準備するものは一つもありません。

 

それぞれのオフィスの場所は下の地図のポイント辺りです。

歩いていればオフィスは見つけられます。

 

そして上のポイントの場所以外に、
許可証やパスポートを確認する場所があるので、

 

許可証や入域料を支払った証明書は、
ルクラを出るまで持っていてください。

 

 

 

・TIMS許可証

エベレスト街道をトレッキングするのに、
以前はTIMS許可証というものを事前に準備する必要があったみたいです。

 

しかし今はTIMS許可証は必要なくなりました。

 

なのでエベレスト街道をトレッキングするのに、
事前に申請する許可証は何一ありません。

 

 

トレッキング中の宿や食事

・値段が全然違う

エベレスト街道の途中にはレストラン兼ロッジがたくさんあります。

 

そして食事や宿の値段は、
トレッキングを始めるルクラから、

カラパタールやゴーキョピークなどの山の上とでは、

 

全く違います。

 

 

ナムチェ以降の宿では、
食事の値段は高くなるのは当たり前、

 

スマホのチャージ料やwifiを使うのにもお金がかかるので、
注意してください。

 

トレッキング中の費用については下の記事まとめたので、
この記事の後に読んでもらえたらと思います。

 

 

 

・ナムチェよりも上と下の村

宿の値段はナムチェの下と上の村で全然違うので、
分けて説明します。

 

・ナムチェより下の村

 

宿1泊:200〜500ルピー (200〜500円)
(ディスカウント有り)

 

食事(ダルバート):500ルピー前後 (500円前後)

 

水1L:100ルピー〜200ルピー (100〜200円)

 

ホットシャワー:400ルピー (400円)

 

wifi、スマホ充電:無料

 

 

・ナムチェより上の村

 

宿1泊:200~700ルピー (200~700円)
(ディスカウント有り)

 

食事(ダルバート):800ルピー前後 (800円前後)

 

水1L:300ルピー~400ルピー (300~400円)

 

ホットシャワー:400〜700ルピー (400〜700円)

 

スマホ充電(1台、1時間):300〜400ルピー/h (400〜700円)

 

wifi料金:300ルピー以上 (300円以上)

 

 

 

トレッキング中の宿

・部屋について

トレッキング中の宿泊料金は、
標高に関係なく何処も1泊500ルピー(500円)です。

 

*高級ホテルを除いて

 

ただしディスカウントしてくれるロッジが多いので、
お金を節約したい人は一度聞いてみることをオススメします。

 

 

僕がトレッキングしたときは、
「ロッジには布団がなく寝袋を持参して寝る」という風に聞いていました。

 

しかし布団がないロッジなんて、一つもありませんでした。

 

なので少なくとも10月中は、
寝袋がなくても普通に寝れます。

 

*11月、12月はわかりません。

 

 

・レストランでも宿泊できる

トレッキングシーズンになると、
ゴーキョやゴーラクシェープなど、

 

部屋が空いてないロッジが出てきます。

 

そんなときはロッジにあるレストランで、
格安の値段で泊まらしてくれます。

 

*ポーターたちはレストランによく泊まるそうです。

 

僕はゴーラクシェープとDzonglhaという村の2回、
レストランで寝泊りました。

 

それぞれの料金は、
ゴーラクシェープでは1泊700ルピー(700円)のロッジで200ルピー(200円)、

Dzonglhaは1泊500ルピー(500円)のロッジで無料。

 

レストランに泊まる際も布団はくれました。

 

 

 

・シャワーについて

トレッキング中のホットシャワーは何処でも有料です。

 

ルクラが1番安く、
山を登れば登るほど値段が高くなっていきます。

 

しかしトレッキング中に汗をかくことがほとんどないので、
シャワーを浴びなくても不快にはなりません。

 

そして山を登るほど寒くなるので、
シャワーを浴びる気なんて起きなくなります。

 

気になる方はタオルを濡らして体を拭くだけでも、
かなり違うので試してみてください。

 

 

 

・充電について

トレキング中ではナムチェ以降、
スマホやカメラの充電にはお金がかかります。

 

値段は100ルピー(100円)で充電し放題から、
高所になると1台1時間300ルピー(300円)前後かかります。

 

 

特にスマホは寒さで充電がなくなるので、

 

お金を節約した人はモバイルバッテリーなどで、
山を登る前に予備のバッテリーを準備したほうがいいです。

 

ナムチェよりも下にある村は無料で充電できます。

 

 

 

・wifiについて

ロッジのwifiもナムチェ以降は有料です。

 

値段は1日300ルピー(300円)以上で、
場所によってもっと高い場合もあります。

 

ナムチェよりも下の村は無料で使えるのですが、
接続が悪かったりします。

 

お金を払わない限り、
ナムチェとルクラ以外はwifiは使えないと思った方がいいでしょう。

 

 

トレッキングの持ち物

・荷物について

僕がトレッキングをして「これだけあれば十分」と思った、
厳選した荷物リストを下に記載しました。

 

厳選荷物リスト

 

持ち物合計重量:8kg

 

持ち物リスト

・半袖2枚
・半ズボン1枚
・下着4枚
・靴下4枚
・速乾性インナー上下1セット
・速乾性タオル1枚
・レインウェア上下1セット
・ヒートテック上下2セット
・手袋
・ニット帽
・ネックウォーマー
・ダウンジャケット
・パジャマ
・歯ブラシ類
・スリッパ
・高山病の薬
・トイレットペーパー1個
・トレッキングポール
・スマホ充電機
・軽食

時期によっては必要なもの(10月は必要なかったです。)
・寝袋
・アイゼン

 

エベレスト街道のトレッキングは10日間以上かかるので、
荷物はできるだけ軽くしたほうがいいです。

 

中でもヒートテックやダウンジャケット、
トレッキングポールは必須アイテムです。

 

絶対持ってくることをオススメします。

 

時期によって寝袋やアイゼンが必要になってくると思いますが、
僕がトレッキングした10月には必要なかったです。

 

詳しいトレッキングの持ち物の紹介は下の記事にまとめたので、
この後にでも参考に読んでください。

 

 

 

・現地のトレッキング店

エベレスト街道にはトレッキング道具を扱うお店や、
レンタル店がいくつもあります。

 

現地でもトレッキング道具を揃えることができるので、
「何を持っていいかわからない。」と思う方は、

 

エベレスト街道をトレッキングしながら、
必要だと思ったものを揃えていけばいいと思います。

 

 

「日本から重い荷物を持ってきたくない」と思っている方も、
現地でトレッキング道具をレンタルできるので活用してみてください。

 

それぞれの値段は1日150〜200ルピー(150〜200円)と安いです。

 

 

現地でトレッキング道具を揃える方は、
偽物品やボッタクってくる人達がいるので注意してください。

 

下の記事に現地のお店やレンタル店も紹介しています。

 

この記事の後にでも読んでいただきたいです。

 

 

ガイドとポーター

・ガイドやポーターについて

エベレスト街道をトレッキングするのに、
ガイドやポーターを雇うことができます。

 

ガイド1日:20ドル〜 (2,000円〜)+チップ

 

ポーター1日:18ドル〜 (1,800円〜)+チップ

 

僕がカトマンズで調べたそれぞれの料金は、
上の通りでした。

 

 

ガイドは案内をしてくれるだけで、
荷物などは持ってくれないそうです。

 

そして日本語が喋れるガイドもいるのですが、
上の値段よりも高くなります。

 

ポーターは荷物を運んでくれる人のことです。

 

どちらも旅行代理店から雇うことができます。

 

 

 

・ガイドやポーターは必要か?

「ガイドやポーターは必要か?」と、
疑問に思う人もいるんじゃないでしょうか。

 

僕がトレッキングした結論から言いますと、

 

ガイドやポーターは必要ないです。

 

 

エベレスト街道の道は、
誰が見てもわかる道になっているので、

 

地図がなくても目的地につけるぐらい、
迷うことはありません。

 

そしてシーズン中はトレッキングしている人が多いので、
トレッキング中に困ったら周りの人に聞くことができます。

 

 

「エベレスト街道の山々について話が聞きたい!」とか
「荷物を持ってトレッキングしたくない!」と思っている方は、

 

ガイドやポーターを雇えばいいと思います。

 

それ以外の人は雇わなくていいと僕は思います。

 

 

・トレッキング中の食事

・食事について

トレッキング中の食事は、
朝と夜の1日2回食べるのが主流です。

 

お昼はチョコやクッキーなどの軽食
済ませてしまう人が多いです。

 

とは言っても標高に関係なくレストランはあるので、
お昼ご飯を食べようと思えば食べることはできます。

 

 

トレッキング中の食事の問題は値段です。

 

ナムチェよりも高い場所に行くと、
1品800ルピー(800円)前後とかなり高額になるので、

 

少しでも節約したい人は、
必然的に食事の回数が減っていくと思います。

 

 

レストランのメニューを貼っておくので、
値段の参考に見てください。

 

・ルクラ付近(物価が安い場所)のレストラン

  

*写真は拡大表示できます。

 

・カラパタール(物価が一番高い場所)のレストラン

  

*写真は拡大表示できます。

 

エベレスト街道で僕がオススメする料理は下の3つです。

 

・ダルバート

 

・ベジフライドポテト

 

・シェルパスープ

 

 

 

・ダルバート

 

名称:ダルバート Dal Bhat

 

値段

ナムチェより下:500ルピー前後 (500円前後)

 

ナムチェより上:800ルピー前後 (800円前後)

 

その他:上の値段はベジタブルの値段。
    肉入りを注文すると+100ルピー(100円)ほどかかります。
おかわりがそれぞれ1回ずつできる。

 

ダルバートとは、
ご飯、野菜の炒め物、豆カレーのセットです。

 

そしてダルバートの良いところは、
おかわりができるという点です。

 

*おかわりをくれるのは1回だけ

 

トレッキング後にたくさんご飯を食べたい人は、
ダルバートを注文すればお腹いっぱい食べることができます。

 

ダルバートをおかわりするときの注意点ですが、
おかわりしても野菜は全然くれません。

 

その代わりご飯はたくさん貰えます。

 

しかしご飯だけあっても物足りなさを感じるので、
ふりかけを日本から持ってくると美味しく頂けるのでオススメです。

 

 

 

・ベジフライドポテト

 

名称:ベジフライドポテト Veg Fried Potatoes

 

値段

ナムチェより下:500ルピー前後 (500円前後)

 

ナムチェより上:600〜800ルピー (600〜800円)

 

僕がダルバートの次にオススメなのが、
フライドポテトです。

 

ジャガイモを炒めただけの料理ですが、
値段が安いうえに量が多いので、

 

食べ応えがあります。

 

ダルバートに飽きてきた人や、
少しでもお金を節約したい人にはオススメの料理です。

 

 

 

・シェルパシチュー

 

名称:シェルパシチュー Sherpa Stew

 

値段

ナムチェより上:500〜600ルピー (500〜600円)

 

シェルパシチューも美味しくてオススメです。

 

上の2つの料理に比べたら量は少ないですが、
値段が安く、具がたくさん入っています。

 

入っている具は、
米、ニンジン、カニフラワー、グリーピースなど。

 

朝食に食べるのが丁度いい料理です。

 

 

 

・軽食について

エベレスト街道でよく売られているお菓子は、
マーズやオレオです。

 

値段はルクラやナムチェでは100ルピー(100円)、
その間の村やナムチェよりも高所になると200〜400ルピー(200〜400円)になります。

 

 

軽食として買い込むのであれば、
ルクラとナムチェで買い込むのが一番安いです。

 

特にルクラやナムチェのお店は品揃えがいいので、
マーズやオレオ以外のお菓子も売っています。

 

 

僕が軽食として買ったのはプロテインバーです。

 

ナムチェで購入して一袋8本入り、850ルピー。(850円)

 

1日2本食べていました。

 

このプロテインバーは味も美味しかったので、
お菓子じゃないものを軽食として食べたい人はオススメです。

 

 

 

・水

ルクラとナムチェであれば、
水は1Lで100ルピー(100円)です。

 

それ以外の場所は150〜400ルピー(150〜400円)になります。

 

山を登れば登るほど値段が上がるので注意してください。

 

ルクラやナムチェで買い込むこともできますが、
買い込んだ分だけトレッキングが大変になるので、

 

あまりオススメはしません。

 

 

 

電波と通信会社

・トレッキング中の電波について

トレッキング中の電波はナムチェまでは普通にあります。

 

しかしナムチェ以降は、
徐々に弱くなっていくので注意してください。

 

そしてカラパタールやゴーラクシェープに着く前から
電波はなかったです。

 

緊急時以外は何処にも連絡しないと思うので、
現地でsimカードを持っていなくても問題はありません。

 

 

 

・ネパールの通信会社

ネパールのsimカードを購入したいと思っている方に向けて、
僕が現地で購入したsimカードを紹介します。

 

通信会社:Ncell

 

購入場所:カトマンズ

 

プランと料金:使用期限は全て30日
・1GB:600ルピー (600円)

・3GB:1,000ルピー (1,000円)

・6GB:1,300ルピー (1,300円)

・16GB:1,800ルピー (1,800円)

・25GB:3,000ルピー (3,000円)

 

必要なもの:パスポート

 

僕はカトマンズでsimカードを購入しましたが、
トレッキング中のルクラやナムチェにもNcellのお店はあります。

 

僕が入ったプランは3GBです。

 

トレッキング中にモバイル通信を使ったのは数回だったので、
3GBで十分足りました。

 

 

simカードを購入するのに必要なものはパスポートだけなので、
店頭に行けば数分で買うことができます。

 

simカードがなくてもトレッキングは問題なくできたので、
不安な人だけ購入すればいいと思います。

 

 

トレッキング中の注意点

・高山病

エベレスト街道のトレッキングで、
一番気をつけることが高山病です。

 

ナムチェから先は標高3,500m以上になり、
高山病になる危険がある場所になっていきます。

 

体が高所に慣れていないと、
数歩あるけば息が切れるほど体が重くなります。

 

そして息が切れ、呼吸が浅くなると、
高山病にかかりやすくなるのて、

 

少しでも体に違和感があれば無理なペースのトレッキングはせず、
ゆっくり進むことをオススメします。

 

ちなみに高山病になると、
頭が押しつぶされるぐらい頭が痛くなります。

 

 

・高山病対策

高山病になると下山するしか治す方法がありません。

 

トレッキングを高山病によって中断しないためにも、
高山病対策は非常に重要です。

 

高山病対策

 

・高度順応の日を設ける

 

・薬を飲む

 

・水をたくさん飲む

 

・寝ない

 

エベレスト街道では高度順応のために、
ナムチェとディンボチェ(カラパタールに行く場合)で、

 

1日ずつ滞在することが推奨されています。

 

高山病になってからでは遅いので、
しっかり守ることをオススメします。

 

またカトマンズやルクラ、ナムチェの薬局で、
高山病の薬を購入できます。

 

高山病の薬:medicine for mountain sickness

 

値段は150ルピー(150円)です。

 

薬は安いので購入しとくことをオススメします。

 

 

 

・スマホのバッテリー

トレッキング中でもう一つ注意してするのが、
スマホのバッテリー問題です。

 

ナムチェ以降は標高が高くなり気温がかなり低いです。

 

そのためスマホの充電がすぐ無くなります

 

また高所では充電も有料なので、
スマホのバッテリーも無駄にはできないですよね。

 

寒さでスマホの充電がもってかれるので、
スマホは常に体の何処かで温めておくことをオススメします。

 

 

僕はスマホの机の上に置いて寝てたら、
朝起きときには充電は無くなっていたことがありました。

 

それぐらい寒さで充電がもってかれるので注意してください。

 

 

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

エベレスト街道をトレッキングするのは、
時間もお金もかかり大変です。

 

しかしエベレストを見たときの感動と達成感は、
普段の生活では味わえません。

 

是非ともエベレスト街道を楽しんでトレッキングして来て下さい!

 

 

事前に調べておきたことが沢山あると思いますが、
この記事が少しでも参考になればなと思います。

 

エベレスト街道の関連記事は下からお願いします。

 

 

 

 

 

コメントを残す