鉄道は安全?費用はいくら?ジャカルタの空港から市内までの鉄道を紹介します。

世界一周中のユウシです。

インドネシアの首都ジャカルタにあるスカルノ・ハット空港に、新しく鉄道が開通しました。これによって空港から市内まで移動が簡単になったのではないでしょうか。

これからジャカルタへ行く人は、空港から市内まで鉄道で移動しようと考えている人もいると思います。今回は鉄道にかかる費用や電車内の様子などを紹介するので、これからジャカルタへ行く人は参考にして下さい。

 

 

空港から市内までの移動手段

空港から市内までの移動手段はバス、タクシー、鉄道があります。正直に言いますが、この中で1番オススメする移動手段はタクシーです。タクシーの中でもuberがベストです。一人の移動だとしても鉄道はオススメしません。

理由として、
・意外と料金が高い
・結構歩く
の2つあります。

それぞれの理由を詳しく書いていきます。

 

鉄道は意外と料金が高い

ジャカルタのスカルノ・ハット空港から市内まで行く鉄道の料金は7万ルピア(約700円)。

そしてス鉄道の終着駅はSudirman Baruです。ホテルに行くにはここで別の鉄道に乗り換えるタクシーを拾う必要があります。

 

Sudirmanから市内を走る鉄道の料金は安いです。僕はMannga Besarまで行ったのですが1万3000ルピア(約130円)でした。

*そのうちデポジットが1万ルピアだったので実質3000ルピア(30円)

 

鉄道を使った費用の合計は7万3000ルピアでした。しかし!この後でも書くのですが、駅からホテルまでの移動でバジャイ(バイクみたいな乗り物)を使うことになり+5万ルピア払いました。理由は後で書きます。

よって空港からホテルまで合計12万3000ルピアです(約1230円)。
Uberを使えば14万ルピアで空港からホテルまで移動できます。1人での移動でも料金の差と乗り換えの手間を考えると、始めからUberを使えばよかったと思いました。2人以上の移動なら確実にUberのほうが安いですね。

 

鉄道は結構歩く

空港から鉄道まで、そしてSudirman Baruでの乗り換えで結構歩きます。人によって変わりますが、ホテルの最寄り駅からの移動でも歩きます。

空港以外の歩道はものすごく悪い状態なのでスーツケースを持った移動はものすごく大変です。とくに市内はひどい状態で僕は断念してバジャイ(バイク的なもの)を使いました。

 

鉄道の良いところ

鉄道を使ってみて、スーツケースを持った観光客が使うのは適してないと思いました。しかし鉄道を使う良いところもあります。

それは、
・移動時間が決まっている
・思いのほか鉄道は安全

 

ジャカルタの渋滞は世界最悪といわれるほどです。車で移動していて渋滞につかまれば、空港から市内まで3時間もかかるといわれています。*普通に行けば1時間。

しかし鉄道を使えば、常に空港からSudirmanまで1時間で行けます。僕は空港からホテルまで1時間30分で行けました。鉄道を使えば時間通りに行動ができるという利点があります。

 

そして鉄道は思いのほか安全だと思いました。新しくできたばかりもあると思いますが、乗客はほとんどいなかったです。その反面、駅のホームには駅員が何人もいたのでわからないことは何でも聞けました。

市内を走る鉄道も治安が悪い感じもしなかったです。しかしスーツケースを持ってる人は僕ぐらいだったので、ものすごく視線を感じました。

 

鉄道を使うのにオススメする人
・1人で荷物が少ない人

ようはジャカルタに駐在している人ですね。旅行者は1人でもタクシーを使ったほうがいいと思います。

それでも鉄道を使ってみたいと思う人に、鉄道がどんな感じか紹介していきます。

 

鉄道の雰囲気

ここからは鉄道に乗って市内まで行こうと考えている人に向けて、ホームや鉄道の雰囲気を伝えていきます。
上の写真は空港内を移動する鉄道のホーム。ちなみに費用はかかりません。

 

空港内の移動のこともあり、ホームには旅行者が結構います。駅員も大勢いるので、わからないことがあっても駅員さんに聞けるので安心です。ちなみに彼らは英語を話せます。

 

鉄道内はこんな感じです。結構人が乗ってますが、車内は綺麗で危険な感じは全くありません。

 

市内へ走る鉄道スカイトレインの乗り換え駅Kereta Bandaraです。ホームを降りればすぐにスカイトレインがあるので、歩いて行きましょう。

 

ホームに着いたら切符を購入します。Sudirman Baruまで7万ルピアです。切符の買い方がわからなくても、ここにも駅員さんがいるので買い方を教えてくれます。

 

鉄道は30分に1本ほど走っているのですが、ちゃんと空港のようなラウンジもあります。かなり綺麗ですし、コンセントもありました。

 

スカイトレイン内はとてもキレイでした。Sudirman Baruまで1時間ほどかかるのですが、快適に乗っていられます。

 

Sudirman Baruに着いたら市内を走る鉄道へ乗り換えです。一度駅を出て10分ほど歩かなければなりません。周りを見たら、僕以外の旅行者はみんなタクシー乗り場に行ってました。

 

駅に着いたら切符を買って、ホームに行きましょう。切符を買う際、券売機の表記に英語がないので、初めて切符を買う人は戸惑うと思います。

 

チャージ制の切符です。1万ルピアをデポジットとして取られます。

 

ホームです。ここにも駅員さんが数人います。ジャカルタの駅には大勢の駅員さんがいるので安全だとは思います。しかし空港の駅員とは違ってここで英語が通じないので、気をつけて下さい。

 

ホームには結構人がいたのですが、電車内にはそれほどいませんでした。多分時間帯がよかったんだと思います。

電車内は日本と同じ感じであまり危険だとは感じなかったです。しかし、スーツケースを持っていたのは僕だけで、視線を物すごく感じました。

 

鉄道を使ってみた感想ですが、駅員の多さ、鉄道のキレイさから見てあまり危険だとは感じませんでした。しかし空港を出た途端英語が伝わらなかったり、券売機の表記に英語がなかったり不便のところはたくさんありました。

荷物が少なければ鉄道を使っても全然アリかなと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

空港から市内までの移動は素直にタクシーを使うことをオススメします。Uberがベスト!

 

インドネシアの関連記事は下からお願いします。

  

 

  

 

 

 

 

コメントを残す