運転免許証の申請、1つだけだと思って申請したら予想外にテンパった。【アデレード】

はい!世界一周中のユウシです!

 

 

前回はオーストラリアの運転免許証を申請するために
必要書類である住所証明の書類を用意できたので、
今回は運転免許証を申請するために
アデレードにあるSevere Saに行ってきます!

 

運転免許証に必要な書類は
・日本の免許証
・日本の免許証を英文に翻訳したもの (国際免許証でも可)
・住所証明
・パスポート
・クレジットカード
・ビザナンバー(Visa Grant Number)
です。

 

全部揃ったぜ!!

あとは申請するだけ!

ちょろいぜ!!

 

 

ここがサービスSAです。
中に入ってみると、、、
受け付けの人むっちゃ忙しそう!
とりあえず列に並んで、俺の番まで待っていると、

 

受付

「どうしました?」

 

「運転免許証作りたいんですけど、」

 

受付

「何の種類の運転免許証?」

 

「何の種類?」

 

受付

「そう、何の種類の運転免許証が欲しいの?」

 

運転免許証って一つじゃないのーーーー!!

 

運転免許証は一つだと思っていたので、
何の種類と言われても、どんな種類があるか知らないので、
「ちょっと待って、今調べるから!」
と、テンパりつつも調べていたのですが、

どこにも書いてねぇーーー!!

どうする、調べても調べても書いてねぇじゃねーか!!
調べてもわからなかったので、
受付の人にもう一度

 

「免許書の種類って何ですか?」

 

と質問したのだが、
受付の人の言葉が早すぎて全然聞き取れなかった、、、

 

テンパっている俺、

慌てている受付、

会話がなりたたねぇーーー!!

 

それでも何とか会話を続けていたら、
ようやく聞き取れる一言が来た!

 

受付

「日本の免許証は持ってる?」

 

「持ってるよ」

 

受付

「ならこっちの免許の申請だね」

 

どうやら免許書の種類とは、

・日本の免許免許証をオーストラリアの免許証に変えるもの

・新しく運転免許証を申請するもの

の2つあったらしく、
(それ以外にもあるかも知らないけど・・・)
どっちの免許証の申請がしたいかを聞きたかったみたいだ。

何とか申請書をいただけたので、
それを書いて担当の人のところに持っていくと、

担当者

「パスポートと日本の運転免許証持ってますか?」

 

「はい!」

 

最初は予想外の質問でテンパったけど、
必要なものは事前に調べて用意してあるから大丈夫だぜ!!

 

担当者

「この国際免許証使えないね、」

 

「えっ!?」

 

何で?何で?

 

ちゃんと事前に調べて大丈夫だったから持ってきたのに、
行く前にバッパーの人にも確認して大丈夫だって言っていたのに、、、

 

マジかーーーー!!

 

念のため、理由を聞いたのだが、
早すぎてなんて言っているかさっぱりわからん・・・

うぉーーーーい!!

ワイ!オーストラリアピーポー!

何がダメなんだよ!!

英語が聞き取れない俺が悪いんだけど・・・

ダメと言われたらしょうがないので、
ここは引き下がったけど、
次は免許証を翻訳したものを持ってきてほしいのこと、、、
今度は運転免許証の翻訳をしに行かなければならなくなりました。

最初は余裕!!
とか思ってたけど、
なんか色々とめんどくさくなってきたぞ・・・
やるけどさぁー・・・

最後まで読んでくれてありがとうございます!

次は、運転免許証の翻訳しに行ってきます!
早く終わらせよ、、、

コメントを残す