経験不要!オーストラリアの建設現場仕事、Scaffoldを紹介します

世界一周中のユウシです。

オーストラリアにある建設現場での仕事は給料がよくワーホリでお金を稼ごうと思っている人にはうってつけの仕事だと思います。

ただ建設現場の求人項目に経験者と書いてあるのがほとんどです。
僕が建設現場で働いてみた感想を言いますと、

経験なんてなくても働ける!!

今回は建設現場の仕事Scaffold(足場撤去の仕事)を未経験者でも働けるように紹介していこうと思います。

 

 

Scaffold 足場撤去の仕事とは

足場とは建造物を作るための作業を行うのに建てる仮設の建造物なのです。簡単に言うと上の写真です↑

みなさんも工場現場とかで見たことがあんじゃないですか?
これを撤去するのが足場撤去の仕事 Scaffoldです。

 

仕事の流れ

足場は主に5〜6個のパーツからできています。

(細かいものを入れたらもう少しあります。)

これを分解し各種類ごとに分けてまとめていくのが撤去の仕事です。
大体4,5人でバラしていきます。

 

1人もしくは2人が足場の一番上まで上がり、一個一個分解していきます。

分解していく順番があるのですが、働きだしてすぐにこのポジションをやることはないので安心してください。

この作業は社員もしくはベテランの人たちがやってくれます。

 

ベテランが分解したパーツをどんどん上から降ろしてきます。

 

僕たち下っ端はそれを各種類ごとに分けてまとめていくだけです。

 

あとはそれの繰り返しです。

どうですか?
誰でもできるでしょう。

 

仕事場の雰囲気

日本の建設現場では罵声が飛び交ったり、急いで仕事をしないと怒られたりするようなイメージがあると思うのですが、オーストラリアでは真逆です。とてもゆるいです。

自分のペースで仕事をして、急かされることなんてまずありません。途中会話をして手が止まることもよくあることです。休憩時間も8時間の作業時間の内、全部で2時間ぐらい取る時もあるぐらいですから。

体力がないから足場の撤去の仕事なんてできない?っいう人もいると思いますが、確かに力はあって越したことはありません。だけど力がなくても仕事はできます。

僕は力はない方です。現に僕が2,3つしか持てない部材を一緒に働いているヨーロピアン達は、平気で4,5つ持っていきます。

だけど先ほども言ったように、仕事を急かされたりすることがないので、周りは何も言いません。明るくちゃんと働いていれば周りはちゃんと受け入れてくれます。

力がない人も、どんどん足場撤去の仕事を挑戦してみてください。

 

必要な道具

足場を撤去するのに必要な道具を紹介していきます。
必須品

・PPE ・ホワイトカード

*PPEとは安全靴、蛍光シャツ、ヘルメット、手袋、保護メガネ、耳栓のことです。

持っていたら役立つもの

・なぐり

・腰袋 

PPEはオーストラリアの建設現場で必ず揃えなければいけないものですが、実際に僕が使ったことがあるのは、安全靴、蛍光シャツ、手袋の3つだけです。

ただ持っていかなかったら何を言われるかわからないので、毎回現場には持って行っています。

 

PPEはどこで揃えられるの?揃えるのにいくらかかるの?と思う人もいると思います。こちらのブログにPPEについてまとめたので興味のある人は読んでください↓

関連ブログ:建設現場で必要なPPEって何?どこで買えるの?値段は?PPEについて紹介します。

 

ホワイトカードは建設現場で働くには必ず取得しないといけない資格です。しかし簡単に取得できるので、臆せずことなく試験に受けてみてください。

こちらにホワイトカードの取得の仕方について、まとめたブログです↓

関連ブログ:失敗から取得までの体験談!建設現場で必要なホワイカードを取ってみた 【2017年版】

 

 

なぐりは足場を解体する時に必要になります。

ここをなぐりで叩いてパイプを外していきます。

率先して足場を解体したい人は持っていた方が良いですが、持っていなくても仕事はできるので安心してください。

ちなみに僕は持っていません。

 

 

まとめ

ここまで足場撤去の仕事の流れ、仕事場の雰囲気について書いていきました。

経験なんてなくてもできると思いませんか?

もしオーストラリアで建設現場での仕事をしてみたいと考えている人は、足場撤去の仕事、是非とも挑戦してみてください。

 

建設現場の関連記事は下からお願いします。

関連ブログ:失敗から取得までの体験談!建設現場で必要なホワイカードを取ってみた 【2017年版】

関連ブログ:建設現場の仕事って大変?給料や勤務時間、働き方を紹介します

関連ブログ:建設現場で必要なPPEって何?どこで買えるの?値段は?PPEについて紹介します。

関連ブログ:経験不要!オーストラリアの建設現場仕事、Scaffoldを紹介します

 

 

コメントを残す