ワーキングホリデーを終えて感じた「目標があることの大切さ」について語ります

 

世界一周中のユウシです。

 

今回は僕が2年間オーストラリアでワーホリをして感じた、

 

・目標を持つことの大切さ

 

について話していきます。

 

 

 

目標を持ってますか

これからワーホリをしようと思っている人に、
一つ質問します。

 

「何しにワーホリをするのですか?」

 

この質問に即答できる人は、
ワーホリ生活を充実して過ごせると思います。

 

逆にこの質問に即答できない人は、

 

・ワーホリで何がしたいのか?

 

・どうしてワーホリするのか?

 

もっと考えたほうがいいです。

 

 

ワーホリは中途半端なもの

みなさんワーホリって聞くと、

 

・英語が勉強できて

 

・海外で働けて

 

・好きなだけ遊べる

 

何でもできるビザだと思ってませんか。

 

間違ってはないんですけど、
それは都合よく言えばの話です。

 

 

 

もし本気で英語を勉強したいと思えば、
ワーホリじゃなくて留学しますよね。

 

もし本気で海外で働きたいと思えば、
ワーホリじゃなくて海外に関わりのある企業に就職しますよね。

 

もし本気で遊びたいと思うなら、
わざわざワーホリを使わなくても観光ビザにしますよね。

 

 

ワーホリって何でもできるビザのように見えて、
何もかも中途半端にしかできないビザなんですよ。

 

 

 

そこでもう一度質問します。

 

「何しにワーホリするのですか?」

 

 

きっかけは単純でいい

 

・英語が話せるようになりたい!

 

・海外で生活したい!

 

・色んな人と会って価値観を広げたい!

 

日本にいれば
誰もが一度は思ったことはあるんじゃないでしょうか。

 

僕も日本を出る前は同じことを思ってました。

 

 

しかし「これでワーホリへ行こう!」と決めるのは、

 

「おもちゃが欲しい」と言っている子供に買ってあげるのと一緒。

 

1ヶ月もしたら飽きて遊ばなくなるのがオチ。

 

 

ワーホリで悔いのないように過ごしたいなら、
明確な目標を持ってください。

 

「なんでワーホリを使うのか?」

 

「ワーホリを使ってどうなりたいのか?」

 

を具体的に言えるようにならないと、
ワーホリを使ったとしても「ただオーストラリアにいるだけ」になります。

 

 

だからもう一度質問します、

 

「何しにワーホリをするのですか?」

 

 

目標を持っている人の行動力はすごい!

僕がこれまでにワーホリ中に出会った人で、
「面白いな」と感じた人は、
みんな具体的な目的を持っている人でした。

 

・オーストラリアで整備士になりたくて語学学校にを行き、そのままローカルの整備士になった人

 

・日本で働きたくなくて、オーストラリアでスポンサービザをもらった人

 

・オーストラリアの農業で働きたくて、永住しようと思っている人

 

・サッカーを続けたくて、オーストラリアのサッカーチームに所属している人

 

みんなワーホリでオーストラリアにやってきて人たちです。

 

この人たちがすごいと思えるのは、
明らかに他の人たちよりも行動力があることです。

 

そして自分の目標に向かって毎日動いているんですね。

 

 

逆にワーホリ中に出会う人で、

 

・英語が話せるようになりたくて

 

・海外で生活してみたくて

 

みたいなことを言ってワーホリしに来た人は、
つまんない顔をしている人が多いです。

 

何より「英語が話せるようになりたくて」という人より、
「海外で〇〇したくて」という具体的な目標も持った人の方が
英語が話せてたりしますしね。

 

 

だから何度でも聞きます、

 

「何しにワーホリをするのですか?」

 

 

目標がないとダラけるよ

目標を持った方っがいい理由としてもう一つ、
目標がないと日々の生活がダラけてくるんです。

 

今の時代英語が話せなくても、
スマホがあればコミュニケーションはとれます。

 

日本人のコミュニティに顔を出せば、
仕事も見つかります。

 

オーストラリアにいても、
英語が喋れなくても、
生きていく最低限の生活は送れるんです。

 

そして具体的な目標を持っていないと、
そこから抜け出せずにワーホリを終えていきます。

 

そんなワーホリ生活は嫌じゃないですか?

 

 

だから質問します。

 

「何しにワーホリをするのですか?」

 

 

そんなお前はどうなんだ!?

ここまでは散々人のことについて話してきたので、
ここから先は僕のワーホリ生活について話をします。

 

僕は約2年間オーストラリアでワーホリをしました。

 

ですが英語は全然話せません。

 

だからと言って、
この2年間のワーホリが無駄だとは思っていません。

 

むしろ自分の中では成功したと思っています。

 

 

僕の1年目の目標は、
「日本人のいないところに行って、
生活に困らないほどの英語力をつけること」でした。

 

そして2年目の目標は、
「半年で2万5千ドル貯金する」というもの。

 

正直どちらも目標してたところまでは
達成できなかったです。

 

 

1年目の目標である、
「日本人のいない環境」で生活できたのは最初の半年だけ。

 

残りの半年は自分の思うようにはならなかったです。

 

2年目の目標も、
半年で貯金できたのは2万ドルだけ。

 

目標の金額に5千ドル足りなかったです。

 

 

だけど1年目も2年目も
満足のいくワーホリ生活を送れました。

 

僕は英語はしゃべれませんが、
英語の環境で働くことも、
日本と同じように生活することもできます。

 

2万5千ドルは貯められなかったですが、
1年間は旅を続ける資金を手にすることはできました。

 

目標には届きませんでしたが、
目標を持ったワーホリをしたことで、
今の旅に繋がることはできました。

 

 

ワーホリをした人は、
ワーホリが終わったら全てが終わるわけじゃないですよね。

 

その先にワーホリで経験したことを生かしたいですよね。

 

そのために目標を持ってワーホリすることが超重要になるんです。

 

 

具体的な目標を持たずにワーホリをすれば、
気づいたときにはワーホリは終わりますよ。

 

ワーホリ生活を充実させたければ、
具体的な目標を持ってください。

 

だから最後にもう一度質問します。

 

「何しにワーホリするのですか?」

 

 

 

ワーホリに関する記事は下からお願いします。

 

  

 

  

 

  

 

 

コメントを残す