朝食 × 激怒 × 旅話

日本人は、はっきりものを言わない。

欧米人から見れば日本人はそう思われていると思うし、僕もそう思う。だからと言って、欧米人みたいに、日本人も自分の思っていることを「はっきりと言う必要はない」とも思っています。

世界一周中のユウシです!

 

しかし今回は、欧米人のはっきりものを言うことに対して、必要があるときには「はっきりものを言わないといけない」と感じた、朝食に激怒するフランス人の無駄話です。

 

ツアーの朝食

いきなりだが、みんな。この写真を見てどう思う。

これがなんだと思う?

そう、ツアー中の朝食だ。

 

おいーっ!!

さすがにこれは酷すぎるだろ!!

 

吉野家で1000円分食べる僕にとっては、あまりにも少なすぎる。

ゆで卵と食パン2枚って・・・

しかも俺、卵食えねーし、、、

食パン2枚だぞ。

 

ちなみにこの食パン、ブルーベリージャムが塗っております。

なんの気使いだよ!笑

 

そこに気を配るなら食パンとゆで卵の時点で気を使えよ!

 

ホテルを出たらもう戻ってなこないので、日持ちして食べやすい食事として、おそらくこれになったの思うのだが、、、

ならせめてサンドウィッチぐらいにしといて欲しいものだ。

 

ツアーを申し込んだカタログには朝食込みとしか書いておらず、何が出るかは直前までわからなかった。

しかし蓋を開けてみればこれだ。

これならカタログに書いておけよ!

こっちで準備するわ!!

と怒りを覚えたのだが、これを受け取ったきはバタバタしていたため、何も言えなかった。

 

しかし後から考え出すと、フツフツと不満が込み上がってきた。

だがホテルを出た後だったので、ガイドに言ってもしょうがない。

これがインドネシアクオリティだと思い、気を静めツアーを楽しむことにした。。。

 

ブルーファイアを無事に見ることがで、集合場所まで帰ってきた。

そんな時に一緒にツアーに参加していたフランス人家族も帰ってきて、ガイドにある質問をしていた。

 

フランス人家族

「朝食はいつ食べるの?」

 

ガイド

「ホテル出る時に渡したので、好きな時に食べてください。」

 

フランス人家族

「はっ、何言ってんの?」

 

フランス人家族の構成は老夫婦と娘の3人でツアーに参加していた。そしてこの娘がかなりのクレーマーであった。

ツアー中、ホテルの係員や店員に対して不満を常に言っており、クレームを言ってない時がないぐらいクレームを言っていた。

これまでは「まぁ、いいじゃん。」と思っていた僕だったが、今回ばかりは彼女に同意だ。

言いたいことをはっきり言う、このフランス人家族の娘をこれから「チェキータさん」と呼びましょう。

 

チェキータさん

「ゆで卵と食パンは朝食じゃないでしょ!?」

 

ガイド

「そう言われても」

 

チェキータさん

「他に何か出しなさいよ!」

 

ガイド

「私に言われましても、、、」

 

チェキータさん

「こんなんが朝食何ておかしいでしょ!!」

 

ガイド

「すいません、私はあくまでもガイドなので、朝食について言われても、、、」

 

チェキータさん

「じゃあ、ホテルに電話して!」

 

ガイド

「それはちょっと、」

 

チェキータさん

「じゃあ、どうにかしなさいよ!!」

 

と、こんな会話が聞こえてきた。

ガイドは渋々ホテルに電話をして、チェキータさんに代わっていた。

チェキータさんは電話越しにものすごいクレームを言っている。

チェキータさんの両親はヤレヤレという感じで見ていたが、僕としては代わりにクレームを言ってくれてる感じがして、清々しかった。

 

チェキータさんは電話を切り、電話をガイドに返していたのだが、様子から見てどうやら解決はしなかったみたいだ。再びチェキータさんの矛先がガイドに向かう。

 

チェキータさん

「私はこんなんじゃ納得いかないわ!」

「あなた何とかしなさいよ!」

 

ガイド

「そんなこと言われても、」

 

チェキータさん

「あそこのレストランで何か注文するわよ!」

「それでいいわね!!」

 

ガイド

「・・・」

 

こんな感じでツアーに参加している人5人分のドリンク、そして軽食を注文させた。

 

チェキータさん

「あなた達も、何かドリンク頼んでいいわよ」

「ガイドがお金出すから心配しないで」

 

チェキータさん超つえー!!笑

思わず笑ってしまったが、チェキータさんはすごいことをしたなと思った。

クレームを言って終わらず、無理やりではあるが、人一人を自分の思い通りに動かしたのだ。

人間関係ができている相手を動かすのと、全く知らない他人を動かすのでは全く意味が変わってくる。

 

こんなチェキータさんの姿を見て、言うべきところはしっかり言うべきだ!と感じた。

言うべきところの線引きは難しいところだが、言わないうちは何も変わらない。不満や間違っていると思ったら相手にちゃんと伝えるべきだ。

いい勉強になりましたよ、ありがとう。チェキータさん。

 

暖かいコーヒーを飲んで、「食パンよりもベターだ」と言ってみんなで笑ったツアー最後の朝食でした。

 

コメントを残す