実は安い!?オーストラリアの物価事情を紹介します

世界一周中のユウシです。

 

物価が高いと言われるオーストラリア。

 

しかし住んでみると意外と物価の高さが気になりませんでした。

 

今回は僕がワーホリで2年間オーストラリアに住んで感じた、
オーストラリアの物価について書きます。

 

 

 

結論

オーストラリアの物価について最初に結論を書きますと、

 

オーストラリアで働いている人にとって、
物価の高さは全然気にならない!

 

でも旅行者からしてみれは、
物価はかなり高いと感じる!

 

というのが僕の意見です。

 

 

オーストラリアの物価

・物価について

オーストラリアの物価は日本に比べて高いです。

 

しかし中には日本と同じぐらい
もしくは日本よりも安い物も、
もちろんあります。

 

 

僕が感じた印象は、
水や野菜、肉などの食料品
服やタオル、生活雑貨などの生活必需品
日本と同じぐらいか安いと感じました。

 

逆にお菓子やお酒、タバコなどの生きていく上で必要のないものや、
外食のような贅沢をすれば、
容赦なくお金を奪っていく印象でした。

 

 

・物価一覧

ここからは1ドル=80円で計算します。

食料品

水 1.5L 

70セント (約56円)

コカコーラ 2L

2.75ドル (約220円)

モンスター

3.45ドル (約276円)

牛乳 2L

2.2ドル (約176円)

パスタ

1ドル (約80円)

パスタソース 500g

3ドル (約240円)

チキン 1kg

13ドル (約1040円)

食パン 650g

1.5ドル (約120円)

お菓子 60g

2ドル (約160円)

 

衣類

Tシャツ

10ドル (約800円)

靴下 5足セット

10ドル (約800円)

男性用下着 7枚入り

25ドル (約2000円)

バスタオル

10ドル (約800円)

 

その他

自転車

120ドル (約9600円)

ヘルメット

18ドル (約1360円)

イヤホン

15ドル (約1200円)

 

物価が高いと感じる物

 

ビール : 4ドル(約320円)〜
バーで飲むと1杯10ドル(約800円)〜

 

タバコ : 20ドル前後(約1600円)〜

 

外食

レストラン(昼) : 12ドル(約960円)~

 

レストラン(夜) : 15ドル(約1200円)~

 

 

ホテル
バックパッカーホテル(最低ランク) : 100ドル(約8000円)~/週
シェアハウス(地域によって差は有り) : 150ドル(約12,000円)~/週

 

 

物価が高いと感じたもの

オーストラリアに住んでいて、
物価が高いと感じたものは、

 

・外食

 

・酒

 

・タバコ

 

です。

 

 

正直これら以外は、
日本と同じぐらいだというのが僕の感想です。

 

 

・外食

オーストラリアには日本でいうファミレスや定食屋などの
ワンコインで食べれるようなレストランはありません。

 

マックでもセットを注文すれば10ドル(約800円)~
安いと言われるチャイニーズレストランでも12ドル(約1200円)~です。

 

ディナー用のレストランで食べると、
安いオーダーですら20ドル(1600円)以上はかかります。

 

オーストラリアで外食をすると、
日本の倍の値段がかかるのがオーストラリアの物価です。

 

 

・タバコ

オーストラリアの物価の高さで有名なのが、
タバコです。

 

オーストラリアのタバコは1箱20ドル(約1600円)前後します。

 

日本で売られている箱に入ったタバコは高額なので、
オージーは自分でタバコを巻いて吸っています。

 

 

・酒

オーストラリアのビールも高いです。

 

バーでビールのジョッキ1杯頼むと、
だいたい10ドル(約800円)前後します。

 

酒屋で購入すれば安く買えるので、
お酒好きだけどお金がない!
という方はバーで飲むのは抑えましょう。

 

 

日本と同じぐらいの物価のもの

逆に日本と同じぐらいの物価のものは、
スーパーに売られている食品や日用品です。

 

オーストラリアのスーパーで有名なのが、
woolworths(ウールワース)やcoles(コールス)です。

 

スーパーで食料を買い、自炊をすれば
日本と同じぐらいの費用で生活できます。

 

生活品もTarget(ターゲット)やK-mart(ケーマート)で買えば、
日本と同じぐらいの値段で揃えられでしょう。

 

 

しかしコンビニで買い物をすれば話は変わってきます。

 

オーストラリアのコンビニはとても高いです。

 

水1本買うだけでも、
スーパーの3〜4倍はします。

 

観光地の近くにコンビニがよくあるのですが、
楽だからだと言って買うと、
バカみたいな値段になるので気をつけて下さい。

 

 

オーストラリアに住むと物価が気にならなくなる理由

僕ははじめにオーストラリアに住んでいる人にとっては、
物価の高さは気にならなくなると言いました。

 

その理由を紹介しますと、

 

それは、

 

給料が高い!!

 

からです。

 

オーストラリアの給料は
日本の倍ほどあります。

 

そもそも懐に入るお金の量が全然違うので、
オーストラリアで働いている人からすると、
物価の高さなんて気にならなくなります。

 

オーストラリアの給料について知りたい方は、
下のブログを見てください。

関連ブログ:ワーホリの給料を公開!最高時給は29ドルでした

 

 

まとめ

長くなったのでまとめます。

 

オーストラリアの物価で高いもの

 

・外食

 

・酒

 

・タバコ

 

などの、

生活する上で必要のない贅沢品です。

 

 

逆に生活必需品である

 

・食料品

 

・生活雑貨

 

日本と同じぐらいの値段で購入できます。

 

 

そしてオーストラリアに住んでいると、
物価の高さが気にならなくなるのは、

 

給料が高いからです。

 

 

それに対してオーストラリアに観光しに来る人は、
自炊とかしないですよね。
ハメを外していつもよりお酒飲んじゃいますよね。
普段通りにタバコとか吸っちゃいますよね。

 

これらが旅行者が物価が高いと感じる理由だと、
僕は思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ワーホリでオーストラリアに来る方は、
仕事に就くことができれば、
物価の高さはすぐ気にならなくなります。

 

良い仕事につけるように頑張ってください。

 

ワーホリに関する記事は下からお願いします。

 

  

 

  

 

  

 

 

コメントを残す