新しい旅の可能性を!働きながら旅をするワークアウェイ(workaway)とは?

 

世界一周中のユウシです。

 

みなさんワークアウェイ(workaway)って知ってますか?

 

ワークアウェイとは、

 

・海外で労働力が欲しい主人(ホスト)と、

 

・働き口が欲しい労働者

 

マッチングさせてくれるwebサイトのことです。

 

労働者は働いた報酬として「宿」と「食事」を提供してもらい、
ホストの家で数週間生活します。

 

今回はこのワークアウェイについて、
実際に働いてみた感想から、

 

「やってみたい!」という方に向けて、
ワークアウェイの登録方法を紹介します。

 

 

 

ワークアウェイとは

初めにワークアウェイについて、
もう少し説明をします。

 

ワークアウェイ(workaway)とは、
労働力が欲しい雇用主(ホスト)と
海外で働きたい労働者を結びつけてくれるマッチングサイトです。

 

*年間登録費29ドル

 

労働者は働く代わりに宿と食事を提供してもらい、
ホストの下で数週間生活していきます。

 

 

・仕事の種類

ワークアウェイと似たようなマッチングサイトで
ウーフ(WWOF)というものがあります。

 

ウーフは農業に特化した仕事に対し、

ワークアウェイでは

 

・農業

 

・教師

 

・ホテルのクリーナーや受付

 

・イベントの製作

 

・ゲストハウスのDIYの手伝い

 

など仕事の種類が多いのが特徴です。

 

 

 

・仕事内容

そして募集されている一般的な仕事内容は、

 

・勤務時間は5~6時間、

 

・週5日勤務

 

・2週間以上継続

 

であることが多いです。

 

これはあくまでも目安みたいなもので、
ホストと話し合って、
融通を利かしてくれることもあります。

 

 

 

・報酬

ワークアウェイでもらえる一般的な報酬は

 

・昼飯と夜飯

(もしくはどちらか一方)

 

・寝床

 

・洗濯などのアビリティ

 

です。

 

報酬はあくまでも食事や寝床の提供です。

 

お金を払ってくれるところもありますが、
あくまでも生活を助けてくれる程度の報酬になります。

 

 

 

・英語は必要?

ワークアウェイをやるのに英語は、
必要最低限あれば大丈夫です。

 

英語は話せたことに越したことはありませんが、
英語が喋れなくてもワークアウェイはできます。

 

現に僕は英語はほとんどできません。

 

ただし、

 

・ワークアウェイに登録するとき

 

・仕事に応募するとき

 

・実際に働くとき

 

に英語を使います。

 

英語でホストと連絡が取り合えて、
仕事中に相手が何を言っているのか理解できれば、
なんの問題はありません。

 

英語ができた方が、
やり取りがスムーズになり、
楽しく過ごせるのは間違いないのです。

 

しかし英語ができないからといって、
諦める必要は全くありません。

 

 

 

・補足

これまでに説明した仕事内容や報酬は
あくまでも一般的なもの

 

ホストによって仕事内容や報酬、
生活環境は全く変わってくるので、
仕事を探す際に募集要項をしっかり確認する必要があります。

 

 

実際にワークアウェイで働いてみた

僕はこれまでにワークアウェイで、

 

・ホテルのクリーナー

 

・イベント製作の手伝い

 

・ゲストハウスのDIYの手伝い

 

の3つの仕事で働きました。

 

 

基本的な1日のスケジュールは

 

・9時 仕事開始

 

・12時 昼食

 

・15時 仕事終了

 

みたいな仕事の流れです。

 

 

もちろんホストによって変わりますが、
どこのホストでも5時間ほどの労働時間が一般的でした。

 

 

・ホテルのクリーナー(マレーシア)

僕が初めてワークアウェイをしたのは、
マレーシアで2週間ホテルのクリーナーをしました。

 

仕事内容は

 

・ベットメイキング

 

・部屋の掃除

 

・廊下やキッチンのモップがけ

 

 

ホテルの受付やクリーナーの仕事は、
ワークアウェイではたくさんの募集があります。

 

誰でもできる仕事なので、
初めてワークアウェイをやる人には敷居が低い仕事の一つです。

 

 

ですが、
僕はオススメしない仕事でもあります。

 

というのも、
ワークアウェイの仕事は現地の人と交流できるところにあるのですが、

 

ホテルで働くと観光客としか交流できず、
「ただ節約するために働いている」ような感じになります。

 

「現地の人と同じような生活がしたい!」と思っている方は、
ホテルの仕事は選ばない方がいいでしょう。

 

 

働いた感想

 

仕事の大変さ:楽 ★☆☆☆☆ きつい

 

やりがい  :無 ★☆☆☆☆ 有

 

英語力   :無 ★☆☆☆☆ 必要

 

 

 

具体的な1日のスケジュールが知りたい人は下の記事を読んでください。

 

▶︎▶︎▶︎ワークアウェイの仕事。ホテルのクリーナーを紹介します

 

 

 

・イベント製作の手伝い(マレーシア)

こちらも同じくマレーシア。

 

イベント製作の会社で1ヶ月間
ワークアウェイをしました。

 

仕事内容は

 

・溶接

 

・設営の手伝い

 

・現場での作業

 

ここでのワークアウェイは、
日本で働いたときの経験もあり、
現地人と同じぐらいの仕事を任せてくれました。

 

 

しかし仕事以上に、
このワークアウェイで良かったことは、

現地の人と同じような生活ができ、
多民族国家のマレーシアを肌で感じれたことです。

 

 

現地の人と同じように出勤し、

地元の人が行くレストランでご飯を食べ、

一緒に働く。

 

旅行では味わえない貴重な体験ができました。

 

▶︎▶︎▶︎ワークアウェイの仕事。製作会社での仕事を紹介します

 

働いた感想

 

仕事の大変さ:楽 ★★★☆☆ きつい

 

やりがい  :無 ★★★★★ 有

 

英語力   :無 ★★★☆☆ 必要

 

 

・ゲストハウスのDIYの手伝い(タイ)

タイでは3週間、
ゲストハウスのDIYのワークアウェイをしました。

 

仕事内容は、

 

・壁の修復

 

・屋根の修理

 

・鉄骨で棚の製作

 

・ドアや壁のペンキ塗り

 

です。

 

ホストの人も素人ということで、
ホストがやってほしい作業を、

 

自分で考え、自分で案を出して、自分で作業をする。

 

そのため自分の考えを英語で伝えることと、
相手が何を言っているのかしっかり理解する必要がありました。

 

ここでのワークアウェイが、
英語の大切さが身に染みたワークアウェイになりました。

 

 

働いた感想

 

仕事の大変さ:楽 ★★★☆☆ きつい

 

やりがい  :無 ★★★☆☆ 有

 

英語力   :無 ★★★★★ 必要

 

働いた感想

・率直な感想

ワークアウェイで働いてみた感想を率直に言いますと、

 

「お金のためにワークアウェイで働くのは割に合わない!」

 

「だからこそ自分のやりたいことが見えてきた!」

 

 

ワークアウェイをすれば、
お金を節約できるのは事実です。

 

しかしお金がかからないことを目的にして、
ワークアウェイをするのは間違っています。

 

1日5時間働いて受け取れるのものが、
寝床と2回分のご飯は、
あまりにも少ないと思いませんか?

 

お金のことを考えてワークアウェイをするなら、
日本で働いて貯金した方がよっぽど効率がいいです。

 

 

 

・ワークアウェイをする理由

じゃあなぜ、

「ワークアウェイをするのか?」

ですが、

 

その理由は、

 

・現地人と同じような生活ができ

 

・文化の違いを味わえ

 

・価値観が広がる

 

からです。

 

ワークアウェイをすることで、
観光や旅行では味わえない、
今までの旅より「深い旅」ができることが1番の理由です。

 

 

お金が節約できる!はおまけ

ワークアウェイの醍醐味は、
現地人と同じような生活を送れることにあります。

 

旅行ではその国の一部分しか見えなかったものも、

ワークアウェイを使えば、

 

・地元の人がいつも食べている物が食べられ

 

・現地の人がよく遊びに行くところに遊びに行け

 

・その国の文化や習慣などを体験できる

 

など、その国について深く知ることができます。

 

 

僕がマレーシアでワークアウェイをしたときは、

ムスリムの人と一緒に生活し、
多民族国家のマレーシアを肌で感じることができました。

 

ワークアウェイでお金を節約できますが、
それはあくまでも「おまけ」です。

 

お金以上に、

 

・現地の人と交流できる

 

・現地の暮らしを体験

 

できるということに価値があります。

 

 

最後に

ワークアウェイは

 

・観光するだけの旅に飽きている人

 

・もっと現地の人と関わりたい人

 

にとって、
とても便利なサイトです。

 

いつもの旅行に違和感がある人は、
ワークアウェイを始めてみてください。

 

今までの旅とは違った旅に、
今までの旅よりも深い旅ができるでしょう。

 

ワークアウェイに興味を持った方は、
まずは登録から!

 

▶︎▶︎▶︎https://www.workaway.info/

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ワークアウェイの仕事についてまとめたので、
興味のある方は参考に読んでください↓

関連ブログ:ワークアウェイの仕事。ホテルのクリーナーを紹介します

関連ブログ:ワークアウェイの仕事。製作会社での仕事を紹介します

関連ブログ:ゲストハウスをDIY。ワークアウェイの1日の流れを紹介

コメントを残す