再戦!!32ドルの理髪店で髪を切ってもらったら【アリススプリングス】

おはようございます!

今日もやってまいりました、

世界一周中のユウシです!

 

今回は散髪の再戦です!!

 

 

最後に髪を切ってから3ヶ月ほど経ち、

流石にやばいぐらいの長さになったので

散髪に行ってきました!!

 

もっさいですねーー!笑!!

 

 

前回切ってもらった時は、

 

前髪パッツンーーー

 

もみあげジャキーーンッ!!

 

にされたので、

なんとかこれは避けたいところですね、、、

 

 

 

前回の散髪屋

前回の散髪屋へ行った時、

 

店員

「前髪はどれくらい切りますか?」

 

「あ~~ around,,, around here! (これくらい)」

 

店員

「横はどれくらい切りますか?」

 

「あ、あ、あ、あ around here!!」

 

店員

「後ろは・・・」

 

「around here!!」

 

 

 

 

“around here”しか言ってねーーー!!

 

しかもこの返しもあってるかわかりませんしね、、、

ということで、今回は散髪屋へ行く前に

あらかじめ英語を調べてから行きました。

 

散髪で使える英語

 

まず髪の毛の部位を指す英語ですが、

・前髪

Bangs

 

・もみあげ

Sideburns

 

・えりあし

back of the head

 

他にも色々あるけど、

僕が使いそうなのはこの辺の英語ですね。

 

アメリカ英語、イギリス英語で言い方は違うみたいらしいのですが、

とりあえず調べたらこんな感じでした。

 

僕はいつも

 

短く切ってください!!

 

の一言で注文していたので、

オーストラリアでも同様にお願いしました。

 

英語で言うと

Cut it short please.

 

そうすると、

前髪はどのくらい?

横はどのくらい?

と、色々聞かれるので、

 

前髪は眉毛が出るくらい

横は耳が出るくらいまで切って欲しいです。

I’d like my eyebrows to show

I’d like my ears to show

 

I’d likeを2回言って変な感じがするけど、

とりあえず今回はこれでいこう!!

 

あと、僕は髪の量が結構多いので、

絶対すいてもらおうと思い、

 

・髪をすく

thin it out

 

というらしいので、

これも絶対言おう!!

 

準備も整ったので、早速散髪屋へ行ってきました!

 

 

散髪屋にて

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回も前回と同じ店

ヘアサロン

ヘアー・トゥデイ

に行ってきました!

 

今回はお客が少なかったみたいで、

すぐに戦闘開始です!

違う、散髪開始です!

 

 

店員

「どんな感じにしますか?」

 

「カッ、 カッ Cut it short please!!」

(↑短くお願いします)

 

少し噛んでしまったが、言えたぜ!!

相手に短くしてほしいことがちゃんと伝わったみたいだし!!

 

 

店員

「前髪はどのくらいにする?」

 

「きたぜ!予想通りの質問!!」

「I’d like eyebrows to show」

(↑眉毛が見えるぐらい)

 

これもちゃんと伝わったみたいだ、

 

 

店員

「耳の周りはどうする?」

 

「店員め!俺の予想通り動いてるぜ!!ハハッ!!」

「I’d like eye to show」

 

店員

「耳(ear)が見えるくらいまで?」

 

しまった!!

I’d like ear to show

と言おうとしたら、

I’d like eye to show

と言ってしまった、

 

さっきまで予想通りに動いて調子に乗っててこれですよ、、、

 

僕の英語力なんでまだまだ全然ですね、、、笑

 

まぁ、とにかく伝わったからいいか!!

 

 

 

店員さんの質問も終わり、

髪を切り始めようとした時に

 

 

「My hair too much, そー あー So, could you thin it out?」

(↑髪の量が多いからすいてもらえますか?)

 

あっぶねー、すいてもらうこと忘れそうだった!!

前回に比べて相手の言っていることも聞き取れて、

(↑全部は聞き取れてないよ、)

 

自分の言いたいことも言えたので、

英語でのコミュニケーションの落第点は免れたのではないでしょうか!!

 

 

店員さんもハサミを持ってもう一度、

前髪この長さで大丈夫?

と聞いてきて、

 

「大丈夫です!!」

 

前髪パッツンーーー!!!

 

大丈夫じゃないですーーーーー!!

 

なぜハサミを横にして前髪を切る!!???

 

はい、これで前髪パッツン確定です、、、

 

俺は図画工作で使う画用紙か!!

 

美容師が使うハサミの向きって、横だったっけ?

 

基本的に縦に使って髪を切ってなかったけ?

 

と戸惑いながらも、

前髪部分の散髪終了ーー

時間にして5分もかかってないんじゃないかい?

 

 

そりゃ早いか、

ハサミを横に使ったら前髪なんて5カットぐらいで切れちゃうもんね!! てへっ!!💫💫

 

 

っじゃねーよ!!

 

この切り方なら俺でもできるじゃねーか!!

 

散髪はまだ始まったばかり、

だってまだ5分しか経ってませんからね、

次はもみあげと耳周りです、

 

 

店員

「もみあげはこの辺でいい」

 

「この辺でお願いします」

と指で指示すると、

 

もみあげジャキン!!

 

店員

「耳は出していいだよね」

 

ジャキジャキジャキンッ!!

 

 

 

 

・・・俺は型取りされる画用紙か、、、

 

 

と、もみあげも耳周りも一瞬で終了ーー

だからなぜハサミを横に使う!!?

 

もみあげ切るのに1カット、

両サイド合わせて2カットです!!

驚くほど手間がかからないんです!!

そして!!

なんと!!!

今だけ!!!!

耳周りも5カットで終わらせます!!

 

深夜にやってる通販番組か!!

 

 

 

これは俺の説明不足なのか?

 

ハサミを縦に使って、まばらになるように切ってくれと言わなかったから、

 

こうなったのか?

 

 

 

と、30分ほどで散髪終了ーー

 

 

 

散髪の結果・感想

そんなこんなで、

 

前髪パッツーーーン!!

 

もみあげジャキーン!!

 

した結果はこれです、、、↓

 

 

前髪パッツンでしょう!笑

もみあげすごいでごいでしょう!!笑

 

あまり髪型について気にしない僕ですが、

流石に今回はダメだろう!!

 

前回の方がまだ良かったよ!!

 

と、まぁ

 

約30分ほどの散髪

値段は32ドル (約3000円)

シャンプーやマーサッジなどは一切なし、

本当に髪を切るだけの値段です。

 

この辺は日本とオーストラリアのシステムの違いかな?

 

 

散髪した感想ですが、

日本円にして約3000円だが、

クオリティーは日本の1000円カットよりも下なんじゃないか!?

1000円カット行ったことないからわかんないでどさー

 

とにかく最悪のクオリティーだよ!!

 

ハサミ縦に使わないんだもん!!

 

終始横に使うんだもん、

 

型取りするときのハサミの使い方だよね!!

 

同じホステルに住んでる友達に聞いたら、

俺も15ドルで行った理容室で同じような髪型にされたよ、

だから次に30ドルぐらいの理容室言ったら、

全然違ったよ!!

 

俺30ドル払ってこれなんですけどーーーー!!

 

ようは、店によって腕前は全然違うということですね、

次は違う店に行こ!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!

前回散髪に行った時のブログもあるので、

良かったら読んでください。

・オーストラリアで散髪してみた 【アリススプリングス編】

 

コメントを残す