免許は必要?料金はいくら?インドネシアのバイクレンタル事情を紹介します。

世界一周中のユウシです。

 

インドネシアの交通状況は世界最悪と言われるほど悪く、
移動手段も限られています。

 

バリ島やジョブジャカルタを観光しようにも電車は走っておらず、
バスを使えば時間がかかる。

 

その上タクシーの値段は高い。

 

そこで僕がオススメするのはバイクをレンタルすることです。

 

速く安く自由度の高い観光ができるのがバイクの良さです。

 

今回はインドネシアでバイクをレンタルする方法や注意点を紹介していきます。

バイクをレンタルするか悩んでいる方は参考に読んでください。

 

 

 

免許は必要?

海外で車やバイクを運転するのに国際免許証が必要になります。

 

しかしインドネシアでは国際免許証は有効ではないので、
現地で免許を取る必要があります。

 

でも実際は免許を持っていなくても、
バイクをレンタルできるし運転もできます。

 

無免許運転になってしまいますが、
観光客にバイクを貸すレンタル屋、
無免許のやつから金を取る悪徳警察官、
みんながみんな見て見ぬフリをしているわけです。

 

*これをどう受け止めるかは個人の判断に任せます。

 

 

警察に捕まるのか?

「無免許運転で警察に捕まるのか?」と疑問に思っている人もいると思います。

 

結論から言いますと、
「罰金(10万ルピア)は払うが逮捕されることはない」そうです。

 

僕がバイクをレンタルしたのは、
ジョグジャカルタとバリ島の数日間。

 

その中でも警察官を見たのは、
ジョクジャカルタとバリで1回ずつだけでした。

 

どちらも大通りの交差点。

 

パトカーも走っていると思うのですが一度も見かけませんでした。

 

なので根本的に警察と出くわすことはほとんどないと思います。

 

もしバイクで走っていて止められたとしたら、
それだけ変な運転をしていたか、
相当運がないかのどちらかだと思います。

 

 

バイクをレンタルする

「バイクをレンタルしよう!」と決めた方は、
町にあるレンタル屋ホテルに聞いてみましょう。

 

バリ島ではバイクレンタルの呼びかけをよく見かけるので、
すぐにレンタル屋を見つけることができると思います。

 

お店によってレンタル料金が若干違うので2〜3件聞いてみて、
自分にあったところを探してみてください。

 

「探すのが面倒くさい!」って人は、
ホテルでもバイクを貸してくれるところがあります。

 

 

レンタルに必要な物、値段、借り方

バイクをレンタルするのに必要な物

 

・パスポートナンバー

 

・お金

 

これだけです。

 

バリ島のバイクレンタルの相場は、
1日(24時間)で5万〜7万ルピア(500〜700円)でした。

 

バイクの借り方は、
レンタル屋に行き「モーターバイク」と言えば、
あとは話が進んでいきます。

 

*「バイク」と言うと「自転車」になってしまうので注意してください。
日本でいう「バイク」は英語で「モーターバイク motor bike」です。

 

レンタルする際に

 

・名前

 

・パスポートナンバー

 

・ホテル名

 

を聞かれるので、
すぐ答えられるように準備しといた方がいいです。

 

あとはお金を払いヘルメット選べばレンタル開始です。

 

 

レンタルする際の注意点

レンタルする際の注意点をここでいくつか紹介します。

 

・ガソリンが入ってない
インドネシアではバイクを返却する際、
日本と違いガソリンを満タンにしなくても大丈夫です。

 

逆に言うと自分が運転し始めるときには
ガソリンがほとんど入ってないということが多いです。

 

バイクを借りたら、
まずはガソリンが入っているか確認した方がいいです。

 

 

・給油口の場所を確認しとく
インドネシアのガソリンスタンドは混みます。

 

この時にスムーズにガソリンを入れれるように、
給油口の場所や開け方など、
事前に確認しておいた方がいいです。

 

 

インドネシアの交通ルール、道路状況

・交通ルール
インドネシアは日本と同じ左側通行、
道路標識も見ればわかるものばかりです。

 

一つ気をつけて欲しいのは、
大通りだけど一方通行の道があることです。

 

一方通行になる前に進入禁止の標識があるので、
見落とさないように気をつけてください。

 

 

・道路状況
インドネシアは発展途上国です。

 

道路が荒れているんじゃないか気になる人もいると思いますが、
主要道は問題なく走れます。

 

しかし山道や田舎道になると、
荒れている道路が出てくるので、
その時はスピードを落として注意してください。

 

 

・渋滞
インドネシアの渋滞は世界最悪と言われるほど酷いです。

 

しかしバイクは車の隙間を走っていくので基本関係はありませんが、
本当に渋滞が酷いときはバイクも渋滞しています。

 

現地の人達は反対車線や歩道を走ったりと、
走れることろは全て走って車を抜かしていきます。

 

マネする人は十分気をつけて下さい。

 

 

・排気ガス
世界最悪の渋滞が起こるほどのインドネシアです。

 

車の数が多いということで、
噴き出される排気ガスの量も多いということです。

 

気になる方はマスクなどを準備しとくことをオススメします。

 

 

・ヘルメットは必着
インドネシアではヘルメットを被らず運転している地元民は結構います。

 

しかしヘルメットは必着なので真似しないように気をつけてください。

 

仮にも無免許で運転している人は、
警察の目に留まらないためにもヘルメットは必ず被ってくださいね。

 

 

・ガソリンスタンド
ガソリンスタンドには常に店員がいるので、
お金を渡せば店員が入れてくれます。

 

2万ルピア(約200円)もあれば満タンにできるでしょう。

 

ガソリンスタンドの店員は英語が伝わらないことが多いので、
お金はお釣りが出ないように渡すのが無難です。

 

*お金を渡した分だけ入れられることがあります。

 

 

バリ島を観光する際に、
山奥や田舎の方に行くことがあります。

 

注意して欲しいのが、
田舎に行くとガソリンスタンドが無くなることです。

 

その代わりに売店にガソリンを入れてくれる機械があるので、
ガソリンがなくなったら売店へ寄ってみてください。

この機械がガソリンを入れる機械です。

店員さんに言えば入れてくれます。

 

 

・クラクション
インドネシアでは追い越すときにクラクションを鳴らします。

クラクションを鳴らされたからといって、
怒らないように気をつけてくだい。

 

 

最後に

バイクを使えば観光の幅が一気に広がります。

 

しかし仮にも無免許で運転する人は安全運転で事故が起きないように気をつけてください。

 

楽しい思い出が苦い記憶になるのは避けたいですよね。

 

楽しい観光ができるよう心から願っています。

 

 

バイクを使う際に行き方を調べないといけません。

そんときに役に立つのが地図アプリのMaps.meです。

オフラインで地図が見れ、ナビ機能もついているので簡単に行きたい観光地へ行けます。

まだインストールしてない方は、今のうちにインストールしちゃいましょう。

MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

インドネシアの関連記事は下からお願いします。

  

 

  

 

 

 

コメントを残す