仕事を探すのは大変だ!!アデレードでの履歴書配り

おはようございます!

今日もやってきました、

世界一周中のユウシです!

 

オーストラリア生活もあと半年

1円でも多く稼ぎたいので、

アデレードに来てすぐ仕事探し開始しました!

 

 

200ドルの自転車を買ったのですが、

またポンコツだった説・・・

 

は気にせず、履歴書配るために街中を走り回っています。

ポンコツ自転車の話は以前のブログを読んでください↓

・200ドルの自転車・またポンコツだった説

 

 

今回もアリススプリングスと同様、

溶接ができる仕事がいいなと思って、

welder(溶接人)の求人を

オーストラリアの定番サイトgumtreeとか

seekとかindeedで探していました!!

 

*ちなみにオーストラリアでは溶接する人のことを

boilermaker(ボイラーメイカー)というらしいです。

 

意外と求人結構あるじゃん!!

とネットでは結構求人が結構あったので、

とりあえずメールを送りまくりました!

 

メールを送ったところで返信はまず、返ってきたことがないので、

そのまま会社まで行って履歴書を渡してやろう!!

と自転車を買ったのですが、

 

 

会社まで遠っ!!

 

アデレードほどの都会になってしまうと、

やはり工場がある場所は市内から結構距離がある、、、

距離でいうと10kmぐらいだ!

時間でいうと1時間ぐらい。

 

それでも、英語が話せない以上、直接会社に行って

俺の技術を見てもらうのが一番早い!!

のでメールを送った会社に直接行くことにした。

 

 

オーストラリアで履歴書を配るときに、

50枚配ったとか100枚配ったとか聞くけど、

工場でこれをやるのはまず不可能だ。

 

そもそもそんなに工場ねぇーよ!!

 

それでも、配れるだけ配らないと仕事なんて見つからないと思うので、

とりあえず20枚ほど履歴書をプリントしてみた。

 

まずは20枚!!

これを全部配っってやる!!

と意気込んで履歴書配りスタート。

 

車があればどんだけ楽だろうか・・・

と思いながらも、

自転車を飛ばして、ネットに求人を載せていた会社に行くと

仕事紹介じょじゃねーか!!

と、場所的にも薄々感じながら着いた場所は求人紹介所がほとんどだった・・・

 

それでも、もしかしたら紹介してくれるかもしれないから、

自分の要望を言って履歴書を渡してきた。

メールも送ってあるはずだけど・・・

 

紹介所はまずあてにならないので、

工場地帯を目指して再スタート!!

 

 

いい感じの道路の荒れ具合い、

これは工場地帯に近づいてきてるぞ!!

走っている周りに工場が増えてきたので、

溶接をしてそうな会社をいくつか見かけたので、

履歴書を渡すために会社に侵入!!

 

以前は会社に入る前に一呼吸入れてから入ってたけど、

今となっては慣れたもので、

すんなり、図々しく、なんだあいつは!?

と会社の人に思われていそうな感じで、

社長に会い、仕事探していると伝え、履歴書を渡す。

カミカミの英語で!!笑

 

 

 

と、数日間、1日6時間ほど自転車を飛ばし履歴書を渡し回った・・・

 

 

 

 

結果は、

10枚も履歴書を渡せなかった、、、

会社自体は20社以上確実に回っているのだけど、

「今は募集してないんだ」とか

「短期的な人はいらない、永住権もってる?」とか、

など、履歴書自体を受け取ってもらえなかった、、、

 

クソォーーーー!!

 

明らかに手ごたえがない・・・

諦めずに、明日からも仕事探しは続けるのだが、

工場で働くのは少し厳しそうだ・・・

 

今回の仕事探しで気づいたのですが、

僕は今までコンストラクション(建設業、construction)の仕事だと思って

溶接の仕事を探していたのだが、

 

製造の仕事はファブリケーション (製造業、fabrication)だった。

なので、ファブリケーションの仕事探しは一旦止めて、

コンストラクションの仕事を探そうと思う!

アデレードは都会だからコンストラクションの仕事は結構ありそうなので、期待しています!!

最後まで読んでくれてありがとうございます!!

 

コメントを残す