1日いくら必要?タイの旅費の目安や物価を紹介します

 

世界一周中のユウシです。

 

今回はタイを観光するのに必要な旅費や物価を、
バックパッカーの方に向けて紹介します。

 

節約した旅行をしたい方は参考にして下さい。

 

*ここからは1バーツ=3.5円で記載します。

 

 

 

1日の旅費の目安

 

1日の旅費の目安:800バーツ (2,800円)

 

 

内訳

食費(屋台・2回):200バーツ(700円)

 

ホテル(ドミトリー):100バーツ(350円)

 

水(1.5L):15バーツ (52円)

 

観光費(移動費、入場料など):300〜500バーツ (1,050〜1,750円)

 

合計(1日):615〜815バーツ/日 (2,152〜2,852円)

 

上の旅費の目安は、
食事は屋台、ホテルはバッパーのドミトリーの場合です。

 

レストランやランクの高いホテルに宿泊すると、
この値段よりも高くなるので注意してください。

 

少しお金に余裕を持たせた観光をしたい人は、
1日1000バーツ(3,500円)を目安にするのが丁度良いでしょう。

 

 

タイの物価

 

・屋台の食事(1品):50バーツ前後(約175円)

 

・水1.5L:15バーツ(約52円)

 

・ドミトリーホテル1泊:100バーツ前後(約455円)

 

・ソンテウ(近場):50バーツ(約175円)
     (遠出):100バーツ(約350円)

 

・入場料:50バーツ前後(175円)
*観光地によって変動します。

 

タイの物価は日本に比べて安いです。

 

しかし「物価は年々上がっている」という話をよく聞くので、
タイは安いというイメージは変わってきているようです。

 

 

 

・屋台の食事

屋台での食事は
一番安くご飯が食べられる場所です。

 

1品50パーツ(175円)前後が相場で、
+10バーツ(35円)でご飯が付きます。

 

 

しかし屋台の料理は安い分、量が少ないです。

 

日本でいう牛丼並盛りぐらいでした。

 

女性は丁度いい量かもしれませんが、
成人男性だと少し物足りないと思います。

 

僕は屋台でご飯を食べるときは、
必ず2品頼んでいました。

 

 

タイの屋台飯について下の記事にまとめたので、
詳しく知りたい方は参考に読んでください。

 

 

 

・水1.5L

水の相場は15バーツ前後です。

 

スーパーで買えば12バーツ(42円)、
コンビニやホテルで買えば15バーツ。(52円)

 

何処で買っても値段は変わらなかったです。

 

 

 

・ドミトリーホテル

ホテルの値段は地域によって相場が変動します。

 

そのため今回は僕が観光していた
チェンマイの相場を紹介します。

 

チェンマイにあるドミトリーホテルは
最安値は1泊80バーツ(280円)からです。

 

しかしBooking.comの最安地のホテルは
経験上何かしら問題があるので、
泊まる際は注意してください。

 

 

ホテルの口コミスコアが8以上のホテルになると
値段は1泊100バーツ(350円)前後になります。

 

Booking.comのホテルは
口コミスコア8以上だと、
値段が安くても良いホテルが多いのでオススメです。

 

しかしチェンマイのホテルは、
安い部屋によってはエアコンが付いておらず、
扇風機しかない部屋もあるので、
暑いのが苦手な人は注意してください。

 

旅行予約のブッキングドットコム

旅行予約のブッキングドットコム
開発元:Booking.com
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

・ソンテウ

タイの移動はソンテウが非常に便利です。

 

ネットや観光本では、
近場の移動なら1人20〜30バーツ(70〜105円)と書かれています。

 

しかし運転手に値段を聞くと、
毎回50バーツ(175円)程請求されので、
少し高めに払うと思っておいた方がいいでしょう。

 

 

ソンテウは運転手の移動範囲が決まっているので、
遠出の観光はグラブのバイクタクシーを使うのが便利です。

 

100〜200バーツ(350〜700円)で移動できるので、
チェンマイの観光で便利に利用できます。

 

Grab App

Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

 

 

・入場料

チェンマイにある観光地の入場料は
基本的に50バーツ(175円)前後です。

 

1箇所の入場料は安いですが、
チェンマイ内にはたくさんの寺院があるので、
観光する場所によっては費用が高くなる可能性もあります。

 

時間的にも全ての寺院に行くのは難しいので、
あらかじめ行く場所を絞っておくことをオススメします。

 

 

まとめ

タイ旅行は1日800バーツ(2,800円)あれば、
十分楽しめる観光ができます。

 

物価は年々上がってきているようですが、
まだまだ日本よりかは安いので楽しい旅行をしてきください。

 

 

おまけ

・1ヶ月滞在したときにかかった費用

ここで僕がタイに滞在した約1ヶ月間、
正確には28日間の旅費を公開します。

 

食事代:2,073バーツ(約7,255円)

 

ホテル代(9日分):1,170バーツ(約4,095円)

 

観光費(入場料):590バーツ(約2,065円)

 

移動費:1,170バーツ(約4,095円)

 

その他費用(洗濯など):575バーツ(約2,012円)

 

旅費合計(28日間):5,578バーツ(約19,523円)

 

タイに28日間滞在して約2万円の旅費でした。

 

今回僕がここまで旅費を抑えられたのは、
ワークアウェイという制度を使ったからです。

 

 

ワークアウェイとはホストの家にお邪魔して、
1日5〜6時間働く代わりに食事や宿を提供してもらう制度です。

 

「何で海外まできて働かないといけないのか?」と、
疑問に思う人もいるでしょう。

 

下の記事にワークアウェイをやる理由をまとめたので、
興味を持って頂いた方は読んでください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

タイの関連記事は下からお願いします。

  

 

コメントを残す