うまい!安い!レーのレストランを紹介します【メインバザール周辺】

 

世界一周中のユウシです。

 

今回はレーのメインバザール周辺にある、
安くて美味しいローカルレストランを紹介します。

 

これからレーに行く方は参考にして下さい。

 

各料理の紹介はレストランの後に紹介します。

 

 

*ここからは100ルピー=150円で計算します。

今回紹介するレーのレストランはGoogleマップに記載されていないので、
写真を目印に探してもらえたらと思います。

 

 

 

 

CHIMATH TIBETAN KITCGEN

 

名前:CHIMATH TIBETAN KITCHEN

 

料理:チベット料理

 

値段:ハーフサイズ 100ルピー前後 (150円前後)
   フルサイズ  150ルピー前後 (225円前後)

 

僕がレーで一番オススメするローカルレストランが、
このCHIMATH TIBETAN KITCGENです。

 

チベット料理屋のこのお店の料理は、
テントゥクやトゥクパ、モモなどがあります。

 

僕のオススメ料理はマトンのテントゥクとチョウメンです。

マトンの噛みごたえがよく、
野菜もしっかり入っていて量が多いです。

 

味は少し濃いめ。

 

僕がレーで行きつけになったお店です。

 

お店の場所は看板を目印に探してもらえればわかりやすいと思います。

  

 

このレストランの欠点として、
料理が出てくるのが少し遅いです。

 

ご飯を注文した際は気長に待ちましょう。

 

メニュー表はこちら↓
  

 

 

Amdo Cafe

 

名前:Amdo Cafe

 

料理:チベット料理など、(料理の種類は豊富)

 

値段:100〜150ルピー (150〜225円)

 

僕がレーで2番目によく行っていたお店がAmdo Cafeです。

 

Cafeと書いてありますが、
レストランに近いお店です。

 

メニューが豊富で値段も安いのでオススメです。

 

味は最初に紹介した「CHIMATH TIBETAN KITCHEN」よりも薄く塩味に近いです。

 

このお店がある建物は暗く入りづらいと思いますが、
気にせず中に入って大丈夫です。

 

お店は3階にあります。

  

 

メニュー表はこちらです↓

  

 

 

PUNJABI TADKA RESTAURENT

 

名前:PUNJABI TADKA RESTAURENT

 

料理:インドカレー屋(ベジタリアン)

 

値段:ノーマルタリ  120ルピー (180円)
   スペシャルタリ 200ルピー (300円) 

 

メインバザールから一本路地裏に入った通りには、
インドカレー屋のローカルレストランがいくつかあります。

 

その中でも僕が好きなインドカレー屋が、
PUNJABI TADKA RESTAURENTです。

 

ベジタリアンのお店です。

 

ノーマルタリの値段が120ルピーで、
量はかなり多いです。

 

僕の好きなメニューはミックスベジタブル(Mix Veg)です.

値段はフルサイズが110ルピー。

 

野菜が食べたくなったらここで食べるのがオススメです。

 

メニューはこちらです↓

  

 

 

インドのレストランの特徴


インドにはインドカレー屋とチベット料理が多く並んでいます。

 

そして大抵のお店には、
各料理に
フルサイズとハーフサイズがあります。

 

そこで注意して欲しいのが、
フルサイズはかなり量が多いということです。

 

僕の体感ですが、
インドのフルサイズは吉野家の牛丼並盛り2杯分ぐらいです。

 

*場所によってはもっと多いところもあります。

 

僕はいつもハーフサイズで丁度よかったです。

 

一人でフルサイズを頼むときは、
予想外の量が来ることがあるので注意して下さい。

 

 

ここからはチベット料理・インド料理をいくつか紹介します。

 

 

チベット料理

・チベット料理について

僕はインドのカレーよりもチベット料理の方が好きでした。

 

カレーよりもスパイスの量が少なく、
野菜や肉、米など噛みごたえのある料理が多かったです。

 

料理はマトン、チキン、ベジタリアン用の3つから選べることが多く、
中でも僕のオススメはマトンです。

 

 

 

・テントゥク Thentuk

ワンタン、肉、野菜が入ったスープです。

 

ワンタンが多くスープだと思って食べても
お腹が膨れるほど量があります。

 

野菜が多く入っているだけあって、
食べやすい料理です。

 

 

 

・トゥクパ Thukpa

テントゥクのワンタンがパスタみたいない麺になった料理です。

 

ただしこの麺がパサパサした食感で、
僕はあまり好きではありませんでした。

 

スープはテントゥクと同様に美味しいです。

 

 

 

・チョウメン Chowmain

日本でいう焼きそばです。

 

チョウメンは日本の焼きそばよりも
スパイスが効いています。

 

焼きそばのインド版だと思えば、
イメージしやすいと思います。

 

 

 

・ビリヤニ Biryani

ビリヤニは野菜と肉が入った炊き込みご飯です。

 

レストランにはフライライス(チャーハン)がありますが、
フライライスとビリヤニの味は全く違います。

 

そしてビリヤニの味は濃く量がとにかく多いのが特徴です。

 

 

・モモ Momo

モモは餃子です。

 

日本の餃子よりも中国のダンプリングに近いです。

 

蒸し焼き(スティーム)焼き(フライ)の2種類があり、
ベジタリアンとチキンの2種類から選べることが多いです。

 

蒸しも焼きも美味しいのですが、
一人で食べるには量が多いので注意して下さい。

 

 

インド料理

・インド料理について

インド料理の特徴はとにかく料理の量が多いことです。

 

タリを頼めば食べきれないほどの量が来るのが普通で、
いつも食べきるのに苦労してました。

 

インドカレーは美味しいとか不味いとかではなく、
スパイスが強くて体が受けつけない感じがしました。

 

僕は日本にあるインドカレーは好きだったのですが、
インドのインドカレーは重くて食べる機会は少なかったです。

 

 

 

・タリ Thali

タリはセットカレーです。

 

カレーは3種類、ライス、ロティ、サラダなどが付きます。

 

値段が安く量が多いのが特徴です。

 

注意して欲しいのが、
サラダは玉ねぎやトマトをスライスしただけの生野菜です。

  

日本のサラダをイメージしていると予想と違うものが来ます。

 

特に玉ねぎは辛いので注意して下さい。

 

 

それでもタリは数種類のカレーを一度に食べれるので、
インドカレーを初めて挑戦するにはうってつけな料理です。

 

 

 

・ロティ Roti

ロティはナンの下位互換的なものです。

 

インドではナンよりもロティの方が主流らしいです。

 

ナンよりも薄く値段も安いのが特徴です。

 

 

 

・ミックスベジタブル Mix Veg

僕が一番好きなインドカレーです。

 

カレーというよりも野菜の煮物に近いです。

 

インドでは固形の野菜が入っている料理が少ないので、
ミックスベジは野菜を食べるには丁度いいカレーでした。

 

 

 

・パニール Paneer

インドのカレーの種類にパニールというものがあります。

 

パニールとは固形のチーズのことです。

 

メニュー表に大抵パニールの欄が載っているので、
名前を覚えておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

・パラック Palak

パラックはほうれん草のカレーです。

 

パラックは僕が好きなカレーの一つです。

 

ほうれん草のカレーですが、
ほうれん草の味はあまりしないです。

 

 

おまけ

・メインバザールにある軽食屋

メインバザールにはカフェやアイスクリーム屋、ドライフルーツ屋など
洒落たお店が意外と多くあります。

 

ここではそんな洒落たお店を紹介していきます。

 

 

 

カフェ

・Coffee Cave

 

名称:Coffee Cave

 

お店:カフェ、パン屋

 

Coffee Cafeは他のカフェよりもwifi速度が速いです。

 

レーではwifiに困ったときは、
このカフェで使うことをオススメします。

 

しかしここの料理は他のお店よりも少し高いです。

 

一息休むだけなら他のカフェで休んだ方が値段的にお得です。

 

 

 

パン屋

・Yam Yam Cafe

 

名前;Yam Yam Cafe

 

お店:パン屋

 

メインバザール周辺にはパン屋がたくさんあります。

 

メニューも味もとんど同じなのですが、
唯一ここのチョコボールだけは他のお店よりも断トツで美味しいです。

  

1個30ルピー(45円)なので小腹が空いたとき、
ちょっと甘いものが食べたくなったときは、

 

Yam Yam Cafeのチョコボールがオススメです。

 

 

 

・レーのパン屋の特徴

レーのパン屋の特徴は安くて大きいことです。

 

クロワッサンやドーナッツなど
1個40〜50ルピー(60〜75円)で売っていて、

 

しかも大きさはミスドのドーナッツの2〜3倍はあります。

 

ただし味はそんなにです。

 

お得感はありますが、
「そんなにいらない!」というのが、
僕の感想です。

 

 

 

・アイスクリーム屋

メインバザールにはアイスクリーム屋も沢山あります。

 

レーは夏でも気温は低いですが、
日中は日差しが強く暑くなるのでアイスクリーム屋は賑わっています。

 

各値段は

 

ソフトクリーム:30ルピー (45円)

 

31風アイスクリーム(カップ・コーン):60ルピー (90円)

 

シェイク:60ルピー (90円)

 

です。

 

味は日本と変わらないクオリティで普通に美味しいです。

 

 

 

・ドライフルーツ屋

ドライフルーツもメインバザールに沢山並んでいます。

 

値段はレーの物価に比べて高めでした。

 

僕が買ったのはマンゴーとキウイのドライフルーツで、
どちらも100g=100ルピー(150円)でした。

 

お店によってはドライフルーツが放置されっぱなしだったり、
店員が素手で触りまくっていたりと、

 

衛生的にはあまりよくないというのが印象でした。

 

中でも下のお店は取り扱いがちゃんとしていたので、
お店の場所を載せておきます。

ドライフルーツを買う際は参考にしてください。

 

 

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今回はレーのメインバザール周辺のレストランや軽食屋について紹介しました。

 

メインバザールのレストランは沢山並んでいるのですが、
ほとんどのお店が観光客向けで値段が高いです。

 

観光客向けのレストランに比べて、
ローカルレストランの場所はわかりにくいですが、

 

メインバザール周辺にいくつかあります。

 

そしてローカルレストランの方が値段が断然安いです。

 

レーに行った際は参考にしてもらえたらと思います。

 

 

今回紹介したレストランやカフェ、
僕の行きつけのアイスクリーム屋などを下の地図にまとめました。

*Googleマップんは載ってないので実際に探すときには、
地図の場所と記事中の写真を参考にして探してください。

 

 

レーの関連記事は下からお願いします。

  

 

  

 

 

コメントを残す