美味い?不味い?マレーシアのローカル飯を紹介します

 

世界一周中のユウシです!

 

今回はマレーシアのローカル飯について紹介します。

 

これからマレーシアに旅行する方は参考にしてください。

 

 

 

美味い?不味い?どっち?

はじめにマレーシアのローカル飯について、
僕の感想を言いますと、

 

マレーシアのご飯は美味い!

 

しかも安くて腹いっぱい食べられるし、
料理の種類は豊富で飽きることはない!

 

マレーシアのご飯はかなりオススメです。

 

マレーシア料理の特徴

 

・料理の種類が豊富

 

・値段が安く量が多い

 

・そして美味い!

 

 

 

マレーシアのご飯は多彩

・マレーシア料理について

マレーシアは多国籍なだけあって、
料理も多国籍です。

 

マレーシアのレストランでよく見かけるのは

 

・マレー系

 

・中国系

 

・インド系

 

の3種類です。

 

 

 

・マレー系の料理

↑ナシゴレンアヤム

マレー系のご飯ではナシゴレン(チャーハン)
ミーゴレン(焼きそば)が有名です。

 

どっちが元祖なのかはわかりませんが、
インドネシアとほぼ同じ料理です。

 

マレー系の料理の味付けは少し甘め、
そしてチリのピリついた辛さが後からきます。

 

 

料理名がわからなければ、
どんな料理なのかイメージできないと思います。

 

マレー系の料理については下の記事を参考に読んでください。

 

 

 

・中国系の料理

↑チキンライス

中国系の料理といえば、
チキンライスやバクテー(肉骨茶)などが有名です。

 

シンガポールのローカルフードとして有名なのですが、
マレーシアでも地元の人に愛されている料理です。

 

チキンライスは日本でいう「ご飯」と「鶏肉」を
ケチャップで炒めたものではありません。

 

 

鶏肉のプリッとした食感とあっさりとした味付け、
鶏肉の風味がするご飯、

 

チキンライスは僕がアジアを回った中で1番好きな料理です。

 

 

ちなみにバクテー(肉骨茶)はマレーシアが発祥らしいです↑

 

マレーシアに行ったら、
是非とも食べておきたい料理です。

 

 

 

・インド系の料理

インド系の料理といえばカレーですよね。

 

日本のカレーライスとは違い、
あっさりとした味付けでシャビシャビなのがインドのカレー。

 

でもこのあっさりとした味付けがナンと合うんですよね。

 

 

そして僕がインド系料理で特に好きなのが「サモサ」です。

 

コロッケに近い食べ物ですが、
衣ではなく春巻きの皮のようなものに包まれているのがサモサ。

 

安くて腹持ちもよく、オススメです。

 

 

 

マレーシア料理のいいところ

マレーシア料理の良いところは、
選択肢の多さにあります。

 

インドネシアではマレー系の料理だけ、
シンガポールでは中華系の料理だけと、

一つの国に一種類の料理が盛んなのが一般的だと思います。

 

 

しかしマレーシアではマレー系料理や中華系料理、
そしてインド系料理も
ローカル店で食べることができます。

 

もちろん他の国でも観光客向けのレストランに行けば
食べることができるのですが

 

安くて美味しいローカル料理として食べられるのは
マレーシアのいいところです。

 

 

ローカル店のスタイル 

マレーシアのローカルレストランは
ビュッフェスタイルのお店が多いです。

 

*食べ放題ではないです。

 

店員さんからお皿をもらい、
自分で料理を選んでお皿に装っていきます。

 

 

そしてビュッフェスタイルの良いところは、
安くてバカみたいな量を食べられることにあります。

 

店員さんに「もうちょっとちょうだい!」と言うと、
普通に追加で装ってくれたりします。

 

料金システムがよくわかりませんが、

 

お皿に装った量ではなく、
装った種類で値段が変わるみたいです。

 

上の写真はご飯+おかず3品(内1つフライドチキン)

 

これで8リンギット(約200円)でした

 

 

こちらはご飯+おかず2品(野菜)+カレーソース

 

合計で4.5リンギット(約110円)

 

 

ご飯+おかず3品(野菜)

 

合計で6リンギット(約150円)

 

ビュッフェスタイルのお店はレストランでおかずを1品頼むよりも
安くお腹いっぱいに食べられるのでオススメです。

 

 

ローカル店で食べる際の注意点

ローカル店のビュッフェスタイルで食べる際の
注意点をいくつか紹介します。

 

・肉の値段が高い

 

・調子にのって、装いすぎる

 

・食べたい料理が無いときがある

 

・初めてマレーシアに来たときは衛生面が気になる

 

・インスタ映えしない

 

 

 

・肉の値段が高い

野菜のおかずは、
1品=1リンギット以下ほどの値段ですが、

 

肉、特にフライドチキンは、
1個で2〜3リンギットぐらいです

 

僕がご飯+おかず3品(内1つチキン)で注文したときは、
合計で8〜9リンギットでした。

 

「肉は野菜よりもかなり高い」ということは、
覚えておいてください。

 

 

 

・調子にのって、装いすぎる

みんなやりがちのミスが、
調子にのって装いすぎることです。

 

1品の値段が安いので、
調子にのっていろんな種類の料理を装ってしまい、

 

いざ席に着いたら、
「あれ、量が多いぞ?」と思うことが多々あります。

 

調子にのって多く装いすぎないように注意してください。

 

 

 

・食べたい料理がないときがある

ビュッフェスタイルのお店では作り置きをしているので、

 

時間帯によってはおかずが準備されていなかったり、
売り切れていたりします。

 

そんなときはお店を変えるしか方法がないので、
お店に行く時間は考えていかなければいけません。

 

 

 

・初めてマレーシアに来たときは衛生面が気になる

僕はマレーシアに滞在中、
ほぼ毎日ローカル店でご飯を食べていました。

 

しかし初めての海外旅行をする人にとっては、
「違う環境での料理」「作り置きの料理」など、

 

いろいろ抵抗があると思います。

 

そのときは少しずつご飯を食べて自分の体調を確認しながら
ご飯を食べましょう。

 

 

ローカル店はレストランのようなキレイなお店ではありません。

 

もしお腹を壊せば楽しい旅行が台無しになるので、
少しずつトライしていけばいいと思います。

 

 

 

・インスタ映えしない

僕の写真をみてもらえばわかると思いますが、
インスタ映えしないです。

 

無理です!笑

 

自分で装うならまだしも、
お店の人が装うことが多いので、

 

インスタ映えすることはないでしょう。

 

インスタ映えしたい料理が食べたいなら、
レストランに行ってください!

 

 

最後に

マレーシアにはマレー系や中華系、
インド系の料理と多彩で美味しい料理が多いです。

 

そしてローカル店に行けば、
安くてお腹いっぱいご飯が食べられることでしょう。

 

長期間旅をするバックパッカーの方達は、
お金のことを気にしながら旅を楽しまないといけないですよね。

 

マレーシアでは安くて美味しいご飯がたくさん食べられるので、
バックパッカーの方にはオススメの国です!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ご飯も大事な旅の1つ。

 

おいしいご飯を食べて楽しい旅にしていきましょう!

 

コメントを残す