ジョグジャカルタ × 平凡 × 日常

世界一周中のユウシです。

日本を出てから1年と2ヶ月ほど経ちました。
長いようで短いような、、、

海外にいるからといって毎日が新鮮で楽しいわけではありません。1年以上も海外にいたら、新鮮な毎日が平凡な毎日に変わっていくこともあります。

人生の質は、日常に感じる感情の質である。

世界遺産や有名な観光地に行った時の感動も大切だけど、何にもない平凡な日常に何を感じれるかが大切ってことですかね。

今日は平凡なジョグジャカルタの日常を紹介します。

 

ジョグジャカルタとは

前回のブログでいきなりジョグジャカルタに来てしまったので、ここはどんな場所ぞや?と疑問に思った人もいるじゃないでしょうか。なので初めにジョクジャカルタの説明をしていこうと思います。

ジョグジャカルタはジャワ島の真ん中あたりにある都市で、ジャカルタから飛行機で1時間、鉄道なら12時間ぐらいで行けます。

 

ジョグジャカルタにはボロブドゥールプランバナンという遺跡群がとても有名です。ボロブドゥールは世界三大仏教遺跡の一つで、残りの二つはカンボジアの「アンコールワット」、ミャンマーの「バカン」があります。

ジョグジャカルタは日本でいう京都みたいな都市ですかね。歴史的建物が多く残り、街も落ち着いていて。
↑ジャカルタに比べれですけど、笑

インドネシア人にどんな場所か聞くと「いい場所だ!」とみんな答えるぐらいです。

 

マリオボロ通り

ジョグジャカルタの平凡な日常を紹介するということで、マリオボロ通りに行こうと思います。マリオボロ通りとは旅行者、地元民が共に集まるストリートです。通りにはデパートマーケットがありたくさんの人が行き交っています。

ジョグジャカルタの市内にはバスが走っているのですが、英語がほとんど通じずバス停がどこにあるかもよくわからないので、バイクを捕まえて行くことにしました。

 

ここで確信しました。僕旅慣れしています。笑

タクシー乗り場やバイクの運ちゃんが何処にいるかもわからなかったので、道路で適当に走っているバイクを捕まえるかな?と思ったら、速攻で捕まえられました。笑

しかし、相手は英語が通じません。
でも大丈夫。iPhoneに入っているMaps.meと電卓で行き先と値段の交渉が簡単にできます。
今の世の中ホントに便利ですよ。言葉なんか通じなくても大概のことはiPhone1台あればできますから!笑

 

飯探し

彼が乗っけてくれました!

早速マリオボロ通りに着いたので、まずはご飯を食べに行きます。
通りにデパートがあるので、久しぶりにファーストフードでも食べようかな?と入ってみたら、世界中で同じクオリティと保っているマクドナルドさんを発見!

マクドナルドを見て疑問に思ったのですが、
インドネシア人の約90%がムスリム。彼らは豚を食べないので、マックのメニューも違うものに変わっているのか?
せっかくなので調べてみよう!

ということで、メニューを見てみたところ、、、、、

全く一緒でした。笑

違うところがあるとすれば、みんなフライドチキンを食べていたということですかね。
特に違うところもなかったので、メニューを見るだけ見て帰りました。。。笑

とは言っても腹が減ったので、やっぱりインドネシア料理を食べることにしました。

 

僕の大好きローカルレストラン。安い!美味い!だが恐い!の三拍子です。笑

衛生面に不安が残るローカルレスランですが、ここはマリオボロ通り。観光地だし大丈夫だろうといつも通りの安易な考えでトライです。

値段はいつも食べているところより少し高め。観光地なのでしょうがないですが。いつも通りナシゴレンを注文します。

 

なぜかナシゴレンではなくアヤムゴレンが来ました。

店員さんが間違えたみたいだが、これはこれで美味しそうなので頂くことにした。ちなみにナシゴレンはチャーハンね。

アヤムゴレンは初めて食べたけど普通に美味しかった。でも俺はナシゴレンの方が好きかな。

 

散策

特に買いたいものないので適当に歩きます。マリオボロ通りは観光客も多くいるのですが、買いたいものがなければ特に行く必要はないかなと思います。

お土産か服がズラ〜と売っている感じです。

僕は小腹が空いたので

これいただきました。もち米を焼いたもの。5000ルピア(約50円)。醤油が欲しい!と心から思いましたが、これはこれで美味い。

こんな感じでマリオボロ通りは終了です。なんか面白いものがないかなと思ってきたけど、飯食って終わっちゃいました。笑

 

再びKAY登場!

夜にKayから連絡があり、また何処かに連れて行ってくれるそうだ。

まさか2日連続で連れて行ってくれるとは、ありがとー!
最初はどうなるかわからなかったカウチサーフィン。やってよかったです!

行き先も聞かず、バイクの後ろに乗り、相変わらずの荒い運転に揺られながらやってきました。

Kabul Buah Mangunan

夕日が綺麗に見れるスポットです。

僕一人じゃ間違いなくこなかった場所ですね。笑
こういうところにこれるのがカウチサーフィンのいいところですね。

Kayはまた仕事終わりに、連れてきれくれました。

夕日が綺麗!

雑談をしながら日の入りを待ちます。

彼に写真の撮り方を軽く教えてもらい、いろいろ撮ってみました。

 

はい、盗撮です。

いい感じにカップルがいたから撮ってみました。

彼曰く、お互いが顔を見合わせたらかなりいい絵になりそうだったのですが、見合わせることはなかったです。

 

別日の夜

別日の夜にバッパーの人が、飲みに行くけど来ないか?と誘われたので行ってみることにしました。

こいつらムスリムじゃないのか?酒飲んで大丈夫なのか?と思ったのですが、ムスリムじゃなかったので問題なかったです。笑

着いたのがこの写真↑

なかなかこ洒落たバーです。毎日誰か演奏しているそうなのですが、今日は終わっちゃたみたいです。

 

半年ぶりぐらいにビール飲みます。笑

インドネシアのビールを頼んでくれたそうなのですが、ANKERってよく見るけど、インドネシアのか?と疑問に思っていました。

まぁ、おごってくれたからいいか!

 

仕事仲間が絵を描いているから見に行くか?
みたいな感じになり、行ってみたら想像以上にすごかった!
これ、今日1日で描いたんだって。早すぎだろ!

酒もあるから飲んでいけっ!
ということで、出てきたのがこれ↓

 

なんか怪しい酒、渡された!

なんの酒か聞いてみると、パイナップルの酒だとのこと。

確かに後味はパイナップルの味がした。うまかったけど、アルコールが強くて俺はそんなに飲めなかった。

 

ちなみにペットボトルに入ってるやつが酒なのだが、

ゼッテェー自分達で作ったやつだろ!!笑

ま、美味かったからいいけど。

こんな感じで深夜の飲み会が終わった。

 

普段はパソコンを触っているか、観光するかの2択なんだけど、こんな感じでゆるく誰かとどっか行くのもいいもんですな!

何もない日常に何を感じれるか?

難しいですね。

コメントを残す