美味い?不味い?シンガポール料理やご飯処を紹介します

 

世界一周中のユウシです。

 

今回はシンガポール料理やご飯処について紹介します。

 

これからシンガポールを観光する方は参考にしてください。

 

*ここからは1ドル=80円で記載します。

 

 

 

美味い?不味い?どっち?

はじめにシンガポール料理について
僕の素直な感想を言いますと、

 

シンガポール飯は美味いです!

 

特にチキンライスは、
僕が海外を12ヶ国旅行してきた中でも断トツで好きです。

 

今回は代表的なシンガポール料理を3つ紹介します。

 

 

シンガポール料理

・チキンライス

 

料理名:チキンライス Chicken Rice

 

値段:3ドル〜 (240円)

 

チキンライスと聞くと「ケチャップでご飯とチキンを炒めた料理」を想像しがちですが、
シンガポールのチキンライスは全く違います。

 

シンガポールのチキンライスは、
「チキンを一匹茹で、その茹汁を使ってご飯を炊いた料理」のことです。

 

そしてご飯にはチキンの風味が染み込んでいるので、
ご飯が進んでしょうがないんです!

 

チキンライスは屋台やフードコートから、
有名高級店まで何処でも見かけることができます。

 

値段は一番安い屋台で3ドル(240円)です。

 

 

有名店:ファイブスター 五星海南鶏飯

チキンライスの有名店はいくつもあります。

 

僕が一度だけ有名店に行ったお店がファイブスターでした。

 

屋台でいつも食べているチキンライスと、
正直味の違いはわからなかったです。

 

ですがチキンの食べられる部位が多かったり、
付け合わせがしっかりしていたなど、

 

些細な優しさがファイブスターにはありました。

 

 

値段は屋台と比べて少し高めの6.5ドル。(520円)

 

シンガポールにはチキンライスの有名店がいくつもあるので、
食べ比べてみるのも楽しい旅行になるかもしれません。

 

 

 

・バクテー 肉骨茶

 

料理名:バクテー Bak Kut Teh

 

値段:7ドル〜 (560円)

 

バクテーは「骨つきの豚肉を漢方とハーブで煮込んだ料理」で、
チキンライスと同様ご飯が進む料理の一つです。

 

美味しいことは間違いないのですが、
値段の割に量が少ないのが満足できないところです。

 

 

有名店:SONG FA bak kut teh

パクテーの有名店を調べれば、
真っ先に出てくるのがこのお店です。

 

夜になると道路まで列ができるほど人気のお店なので、
シンガポールに行った際は是非行ってみてください。

 

 

 

・ラクサ

 

料理名:ラクサ Laksa

 

値段:5.5ドル〜 (440円〜)

 

ラクサは海鮮系の麺料理です。

 

辛いことで有名なのですが、
ココナッツミルクが入っているので、

 

辛いのが苦手な人でも美味しく食べることができます。

 

ちなみに僕は辛いのが苦手なのですが、
美味しく食べれました。

 

 

有名店:328 カトン・ラクサ 

このお店は駅から離れているので行くのが大変ですが、
かなり有名なお店です。

 

 

 

・ドリアン

 

名称:ドリアン Dorian

 

値段
小サイズ(1個):25ドル (2000円)

 

大サイズ(1個):40ドル (3200円)

 

シンガポールはドリアンが有名で、
スーパーや観光地など至る所で見かけます。

 

しかし観光地や通りでカットされてパック詰めされているドリアンは、
「美味しくない」とよく聞くので買う際は注意してください。

 

 

僕は観光客が行かないような地元のドリアン屋に行き、
その場でカットしてもらったドリアンを食べました。

 

だけどこのドリアンが、
超ーうまかったです!

 

値段は高いですが、
病み付きなるほど美味しかったので、

 

まだドリアンを食べたことがない人は、
是非とも一度食べて頂きたいと思います。

 

 

・ドリアンを食べるときの注意点

シンガポールでは何でもドリアン味があります。

 

ドリアンアイスやマックフルーリーのドリアン味など。

 

日本でいう抹茶みたいですが、
加工されたドリアンは超不味いので気をつけてください。

 

僕は何度かトライして食べてみたのですが、
ただ臭いだけで、さらに腹の中に臭みが残り一日中不快になります。

 

ドリアンはその場でカットしたものだけしか美味しくないので、
食べる際は注意してください。

 

 

シンガポールの食事処

 

・レストラン

 

・フードコート

 

・屋台

 

シンガポールの食事処はレストランや屋台だけでなく、
フードコードも何処にでもあります。

 

レストランは値段が高く、お店が綺麗です。

 

逆に屋台は値段が安いのですが、お店が汚いです。

 

フードコートはレストランと屋台の中間的な位置にあります。

 

 

結論から言いますと、
どの食事処で食べてもご飯の美味しさはほぼ同じ、

 

1番違うのは衛生面の部分だと感じました。

 

 

 

・レストラン

 

良い面
・美味しい

 

・お店がきれい

 

・衛生面が安心できる

 

 

悪い面
・1品10ドル(800円)前後と値段が高い

 

 

レストランの種類はローカルフードから、
洋食、日本料理なんでもあります。

 

レストランの特徴として値段が高いこと。

 

1品10ドル(800円)前後で、
他の食事処より断トツで高いです。

 

しかしその反面、
安定して美味しい料理が食べられます。

 

そしてレストランの1番良いところは、
衛生面が安心できることです。

 

 

 

・フードコート

 

良い面
・5~7ドル(400〜560円)でご飯が食べられる

 

・美味しい

 

悪い面
・混雑時に席が取りにくい

 

シンガポールにはフードコートが至るところにあります。

 

そして日本以上に充実しています。

 

並んでいる料理はチキンライスなどのローカルフードから、
麺料理や鉄板料理など幅広く食べることができます。

 

値段は1品5~7ドル(400〜560円)で食べることができ、
10ドル(800円)を超えることはないでしょう。

 

しかしセントーサ島などの観光場所にあるフードコードは、
この値段よりも高くなるので注意してください。

 

 

フードコートの料理は美味しく、
レストランの料理と差はないと思います。

 

悪い面を言えば、
混雑時に席を確保するのが大変ということです。

 

そして席やテーブルが、
気になる程度に汚いときがあります。

 

常に食器を片付けるスタッフがいるので問題はないのですが、
フードコードの悪い面はこれぐらいです。

 

 

 

・屋台

 

良い面
・1品5ドル前後と安い

 

・美味しいお店もある

 

悪い面
・衛生面が気になる

 

・お店によっては不味いところがある

 

屋台は駅の近くや団地の側によく見かけます。

 

並んでいるお店はフードコートとほぼ同じです。

 

1品5ドル前後(400円)で食べることができて、
非常に安いです。

 

 

味は美味しいところが多いのですが、
たまにハズレのお店もあるのて気をつけてください。

 

屋台の料理はそのお店によってクオリティが変わるので、
一度不味いお店にあたっても他のお店に挑戦することをオススメします。

 

 

屋台の1番気になるところは衛生面です。

 

テーブルは一様拭いてあるのですが、
「何時間使ってるんだ、その布巾は!」みたいな布巾で拭いてたり、

 

「いつから置いてあるんだこの箸やスプーンは?」みたいないことがあります。

 

箸やスプーンに関しては使い捨ての物も置いてあるので、
気になる人はそちらを使って下さい。

 

 

ビュッフェスタイルのお店がオススメ

・ビュッフェスタイル

 

値段(1品):1〜1.5ドル (80〜120円)

 

場所:屋台、フードコート

 

屋台やフードコートには必ず1つはあるビュッフェスタイルのお店は、
ローカルフードに飽きた人には非常にオススメのお店です。

 

値段が屋台だと1品1ドル(80円)前後、
フードコートなら1品1.5ドル(120円)前後で食べることができます。

↑これはフードコートで注文したもの。合計で約7ドル(560円)

 

 

 

・良いところ

 

・野菜が食べれる

 

・料理の量は自分で決められる

 

・閉店間際に行くとサービスしてくれる

 

・なんと言っても安い

 

レストランでご飯を食べると、
どうしても野菜を食べる機会が減ってしまうと思います。

 

しかしビュッフェスタイルのお店に行けば、
料理が豊富にあるので自分好みに注文することができ、

 

バランスよくご飯を食べることができます。

 

 

 

・ビュッフェスタイルの欠点

 

・料理が冷めているときがある

 

・いつ作られたかわからない

 

通常のご飯どきに行けば問題ないのですが、
閉店間際などの時間帯は冷めていることがあります。

 

しかし閉店間際に注文すると、
売れ残らないように多めに装ってくれるときがあるので、

 

僕はよく閉店間際にご飯を食べていました。

 

少しぐらい冷めていても気にしない人は、
オススメかもしれません。

 

 

まとめ

シンガポールの食事処はたくさんあります。

 

そして料理の味の差はあまりなく、
大きく違うのは衛生面だと感じました。

 

レストランに行けば値段は高いが安心できる料理。

 

屋台に行けば値段は安いが衛生面が気になる料理。

 

フードコートはその中間。

 

自分にあった場所で楽しくご飯を食べるのが1番だと思うので、
色んな場所でご飯を食べてみることをオススメします。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す