シドニー × オペラハウス × 2/102

世界一周中のユウシです!

年末年始に休みをもらったということで、シドニーにやってきました!!

そして、ずっーと行きたかったオペラハウスに行ってきました!!

 

今回、そんなオペラハウスに行ったときのことを書いていくのですが、

今回はオペラハウスづくしです、覚悟してください!笑

 

そしてオペラハウスをどこから見るのが、一番かっこよく見えのか探っていこうと思います!

 

 

オペラハウスとは

 

オペラハウスについて知らない人もいると思うので、まずは、簡単にオペラハウスについて説明しようと思います!

てか俺も詳しく知らない!!ので、一緒に勉強しましょう。笑

 

(以下、Wikipediaさんより↓)

オペラハウスは、オーストラリア・シドニーにある20世紀を代表する近代建築物であり、世界的に最も有名な歌劇場・コンサートホール・劇場でもある。そして、世界で最も建造年代が新しい世界遺産である。

設計者はデンマークの建築家ヨーン・ウツソン。しかし大幅な工期や予算の超過やいろいろな問題が起きたため、ヨーン・ウツソンは計画から引き上げられ、オペラハウスの内装は数人の建築家によって設計された。

つまり、ヨーン・ウツソンが設計に携わったのは、オペラハウスの外観だけになってしまった。

 

らしいです、、、、

 

詳しくオペラハウスについて知りたい人は、こちらのサイトをみてください

オペラハウス - Wikipedia

世界最大級のプレファブ工法。モンスター建築、シドニーオペラハウスの作り方

 

 

実際にオペラハウスに行ってきた

オペラハウスに行くには、ボタニックガーデンというシドニーで有名な公園ですかね、

これを抜けていくのが早かったので、ボタニックガーデンを歩いていると、見えてきました

オペラハウス!!

 

・南側から見たオペラハウス

これはオペラハウスの南側、ボタニックガーデンから見たオペラハウスです。

 

屋根が重なり合ってますね~

これが、ちまたでよく聞く

貝殻やヨットの帆を連想させる屋根ですね!笑

 

もう少し近づいてみました

ボタニックガーデンを走る列車があるのですが子供連れの家族が乗ってるのかな?

と思いきや、意外と大人だけで乗っている人は多い!笑

 

・正面から見たオペラハウス

オペラハウスの正面までやってきました

近すぎて全体が写らない、、、

 

少し離れてみました!

このアングルかっこいい~

 

オペラハウスの屋根のイメージ模型的なやつですかね、

せっかくなので、オペラハウスの中に入ってみることにしました!

 

休憩所、

受付ですかね、

 

こっちはオペラ側のホールです

 

オペラハウスの柱、

この柱で本当に支えられるのか?

という問題になった柱らしい。

何キロまで耐えられるか実験をしたところ、

余裕で必要な耐荷重があったそうです。

 

 

オペラハウスの図面や施工時の写真が展示されてた!

設計図、パース、模型がかなりかっこいい

 

 

 

 

こういう図面書けたら、

図面書くのも楽しいんだろうけど、、、笑

 

オペラハウスのツアーがあるということなので、

俄然!参加してきました!!

ツアーの種類がいくつかあるのですが、

僕はホールの中を見学できる

30分 25ドルのツアーに参加してきました!

そうです!一番気軽に参加出来るやつです!!笑

 

ネットでも、オペラハウスに直接行ってもツアーに予約できるの、興味のある方は自分のやりやすい方で予約してください!

ちなみに日本語のツアーもあります!僕は今回は日本語のツアーに参加しました!!

 

オペラハウスの中は、写真はOKだったのですが、

動画はNGだったので、写真だけ撮りました!

 

 

オペラハウスの屋根は雨水の力で自然と屋根が掃除されるように設計されているらしい

 

オペラハウスから見たハーバーブリッジ

 

オペラハウスのオペラじゃない方のコンサートホール

すっげーきれい!!

今は幕で隠れているが、幕の裏に世界一大きいパイプオルガンがあるらしい、、、

オペラハウスのホールは2つあって、大きい方のホールがこれ↑

コンサートがメインだそうです。

 

この隣にある少し小さい方の建物が、オペラがメインのホールだそうです。

 

オペラハウスの床は日本の畳みたいに、一枚一枚張り替えられるようになっていて、もし床を修復する必要があるときは、その場所だけ新しい床と入れ替えるらしい。

ちなみにこの床は、この地元で取れる岩からできているらしい。

 

そして通常の建物は敷地の上に建物という箱がのっているのに対して

 

オペラハウスは敷地の上にホールという箱、そしてその箱に多いかさばるアーチの屋根があり、屋根はホールに干渉してない造りになっているそうです。

(イメージ図)

つまり建物の中は”ホールの中”だけということになり、ホール以外の空間と外の空間の一体感とても強く感じられるデザインになっているそうです。

屋根といい床といい、オペラハウスの細部、そして建てられた後のことまで考えられたデザインになっているそうです!

ヨーン・ウツソンすげーな!!

的な感じで30分というオペラハウスツアーは終わってしまった!

あっという間だったよー!!

短い時間だったけど、とても印象的なツアーでした!

オペラハウスに来た人は是非ツアーにも参加してみてください!

 

ツアーも終わって、再び外へ!

 

・海側(北側)から見たオペラハウス

ここから見たオペラハウスは結構迫力がありました!

 

ちなみに反対側はハーバーブリッジ

 

・西側から見たオペラハウス

こっちは結構人が多い!

と、一通りオペラハウスの周辺からオペラハウスを見たのだが、どうやらハーバーブリッジの上を歩けるそうです。

そこからオペラハウスを見てやろうと、ハーバーブリッジへ移動します!

 

ハーバーブリッジに向かう途中の

・船とオペラハウス

 

ハーバーブリッジの下、

・西側から見たオペラハウス

これはちょっと微妙かな?

 

なんだかんだで30分ほどかけてハーバーブリッジの下までついたのだが、ハーバーブリッジの下について思った、

 

上まで上がれねーーーー!!

 

どこから上がれるのかなと思いながら歩いてたけど、

気づいたら、橋の真下まで来ちゃったよ、、、

ハーバーブッリジに上がれる場所を探して、

ようやく見つけた場所がここ!!

ほとんど戻ってきちゃったよ!!

そして、ここからハーバーブリッジまで、こんだけ!

遠いわっ!!

歩くしかないので歩くけどさぁー、、、

 

行くしかないカァーーーー!!

 

とハーバーブリッジを目指して歩き始めてから、約1時間かけてハーバーブリッジの目の前まで到着!!

 

そしてハーバーブリッジからみたオペラハウスがこれ!!

 

・ハーバブリッジからのオペラハウス

 

ここから見るアングルが一番いいかも!!!!

 

 

結果発表

俺が思ったオペラハウスが一番カッコよく見えるポイントは、

ハーバーブリッジから見たオペラハウスです!!

 

このアングルから見たオペラハウスは、アーチ状の屋根の重なり具合が一番見えやすいのではないかと思います。

そして、オペラハウスより高い位置から見るので、オペラハウスの外観が一番はっきり見える場所でがないかと思います!

 

夜のオペラハウス

せっかくなので夜のオペラハウスも見てきました!

どんだけ見たいんだよっ!!ってね!!

 

昼と夜とでは印象が全然違うのでね、一様見ておこうと思い、見てきました!!

 

 

そして通常はこの時期にはやっていないそうなのですが、特別にこの時期もやってくれていた、

プロジェクトマッピングも見れました!!

運が良かったぜ!!

9時から7分間ほどしかないのですが、せっかくなのでね、見てきましたよ!!笑

 

この日オペラハウスをこれでもかっ!!

というぐらい見てきたけど、なかなか楽しかった!!

 

余談だけど、オペラハウスのお土産屋に、レゴのオペラハウスとハーバーブリッジがあった。

 

 

むっちゃ欲しい、、、、、、、、、、、、

 

 

最後まで見てくれてありがとうございます!!

 

コメントを残す