2泊3日が一番人気!エアーズロックの現地ツアー、費用を紹介します

世界一周中のユウシです。

 

オーストラリアと言えば、
日が沈むにつれて赤く染まっていく「エアーズロック」が、
有名です。

 

エアーズロックに行くには
数人で車をレンタルし自力で行くか、
現地ツアーに参加するのが一般的です。

 

今回はアリススプリングスから行く、
エアーズロックの現地ツアーの

 

・ツアー会社

 

・ツアー内容

 

・値段

 

・必要な持ち物

 

・ツアーに参加して感じた不満

 

を紹介します。

 

これからエアーズロックに行こうと考えている方は、
参考に読んでください。

 

 

 

現地ツアーについて

・ツアー会社

有名なエアーズロックの現地ツアー会社は

 

・Emu Run Experience

 

・The Rock Tour

 

・Mulgas Adventures

 

 

ツアー内容はどの会社もほどんど同じです。

 

 

・ツアーの日数

エアーズロックのツアーは、
日帰りから3泊4日までと、
様々な日数があります。

 

その中でも一番人気のツアーが

・エアーズロック(ウルル) Ayers Rock(Uluru)

・カタジュタ Kata Tjuta

・キングスキャニオン Kings Canyon

の3箇所を2泊3日で回るツアーです。

 

 

・ツアー料金

2泊3日のツアー料金

 

・Emu Run Experience  425ドル

 

・The Rock Tour    395ドル

 

・Mulgas Adventures  390ドル

 

ツアー会社によって、
観光する順番や値段が若干違います。

 

具体的なツアー内容が知りたい人は、
それぞれの会社のwebサイトで確認してください。

webサイト:Emu Run Experience

webサイト:The Rock Tour

webサイト:Mulgas Adventures

 

観光案内所に聞いたところ、
バックパッカーに一番人気のツアー会社はThe Rock Tourだそうです。

 

 

ここからは僕が参加した現地ツアーを紹介します。

参加したツアーについて

・ツアー内容

僕が参加した現地ツアーを紹介します。

 

ツアー名:Emu Rum Experience

 

日数:2泊3日

 

値段:425ドル (約3万4000円)

 

集合場所:アリススプリングス Alice Springs

     エアーズロック空港 Ayers Rock Airport

     (2つのどちらかを選べる)

 

解散場所:アリススプリングス Alice Springs

 

 

観光した場所

初日:
・アボリジニカルチャーセンター
・エアーズロック(ウルル)
・エアーズロックの日の入りと伴にスパークリングワインで乾杯

 

2日目:
・カタジュタ ”風の谷”

 

3日目:
・キングスキャニオン ”リムウォーク”

 

 

ツアーに含まれているもの:
・食事(朝食2回、昼食3回、夕飯2回)
・トイレ、シャワー
・テント
・ウルルのエントランス料金

 

 

 

・補足

僕が参加したツアーは、
ツアー会社の中でも1番高かったものです。

 

参加したに人数は20人ほどで、
アジア人とヨーロピアンが半々ぐらいでした。

 

 

集合場所はアリススプリングスか、
エアーズロック空港のどちらかを選べました。

 

僕はアリススプリングスから参加しましたが、
移動時間が長いため、
空港で集合できる人は空港を選んだほうがいいです。

 

逆に解散場所はアリススプリングスと決まっています。

 

*ツアー会社によって集合場所や解散場所も違うので、
ツアーに参加する人はチェックしといたほうがいいです。

 

 

観光する場所

ツアー中に訪れる観光地を紹介します。

 

・エアーズロック

 

名称:エアーズロック (ウルル)

   Ayers Rock (Uluru)

 

オーストラリアの世界遺産であり、
世界で2番目に大きい岩石のエアーズロック。

 

ツアーでは初めにアボリジニ文化センターへ行き
そのあとにエアーズロックの周辺を歩きます。

 

そして最後に夕日が沈むにつれて赤く染まっていくエアーズロックを見ながら、
シャンパンを飲んで終わります。

 

ツアー初日の様子をまとめたブログです。
具体的なツアーの様子や流れを知りたい方は参考に読んでください。

関連ブログ:エアーズロックが見たい!ウルルツアーを紹介します

 

 

・カタジュタ

 

名称:カタジュタ (マウントオルガ)

   Kata Tjuta (Mount Olga)

 

カタジュタは「風の谷のナウシカのモデルとなった場所」
と言われているそうです。

 

ツアーでは2日目では、
このカタジュタを散策します。

 

1周7kmあり、
足場も悪いので運動不足の人には大変です。

 

ツアー2日目の内容をまとめたブログです。

関連ブログ:ウルルツアーについて詳しく教えます! カタジュタ編

 

 

・キングスキャニオン

 

名称:キングスキャニオン

   Kings Canyou

 

ツアーの最終日、
3日目に訪れるのがキングスキャニオンです。

 

ツアーではこのキングスキャニオンの3〜4時間かかるコースを歩きます。

 

歩くのは大変ですが、
キングスキャニオンでしか見れない、
渓谷の景色が見れます。

 

正直僕はエアーズロックよりも、
見応えがあったのはキングスキャニオンでした。

 

キングスキャニオンへ行ったときのブログです。

関連ブログ:ウルルツアーについて詳しく教えます! キングスキャニオン編

 

 

ツアー中の生活面

2泊3日のツアーとなると、
ツアー中のご飯や寝床、シャワーなど
生活面で気になることがあると思います。

 

ここではツアー中の生活面を紹介していきます。

 

・食事

2泊3日ツアーの食事は全部で7回。

 

朝はシリアル、
昼はハンバーガーやワラップ、
夜はBBQといった感じです。

 

ご飯の準備はガイドから食材をもらい、
みんなで調理します。

 

 

・寝床

ツアー中の寝床はキャンプ場です。

 

外で寝ることもできるし、
簡易なテントの中で寝ることもできます。

 

キャンプ場には明かりが一つもないので、
日本では見られないほどの満点の星空
見ることができます。

 

星空を見ながら寝るのも、
ツアーの楽しみの一つです。

 

 

・シャワー、トイレ

初日のキャンプ場にあるシャワーやトイレは、
普通にキレイでした。

 

シャワーの数も多く、
ちゃんと脱衣所とシャワー室が分かれていたので、
使いやすかったです。

 

しかし2日目のキャンプ場にあるシャワーは酷かったです。

 

数も少なくツアーの参加者同士で混雑していたので、
時間をずれさなければ入れませんでした。

 

使い勝手も悪く、
汚かったのであまり使いたくなかったです。

 

 

 

ツアー中の生活面について詳しくまとめたブログです。
気になる方は参考に読んでください。

関連ブログ:ご飯は?風呂は?寝床は?ウルルツアーの生活面を紹介します

 

 

・ツアーに役立つ持ち物

ツアーに参加するのに役立つもの、
準備した方が良いものを紹介します。

 

・靴

 

・帽子、日焼け止め

 

・防虫ネット

 

・体力

 

体力

ツアーに一番大事なものは体力です。

 

ツアー中は1日2〜3時間、
足場の悪い場所を歩きます。

 

トレーニングが必要とまでは言いませんが、
運動不足の方にはきついです。

 

そして疲れていてはツアーを楽しめません。

 

ツアーを楽しむためにも、
2〜3時間は平気で歩ける体力が必要です。

 

 

ツアー中は足場の悪い道を長時間歩きます。

 

無駄な体力を使わないためにも、
動きやすい靴、自分にあった靴は非常に大切です。

 

 

・帽子、日焼け止め

ウルルの日差しはかなり強いです。

 

さらにツアー中に行く場所に
日陰はありません。

 

防暑、日焼け対策はしっかり準備してください。

 

 

・防虫ネット

僕が行った12月には小蝿は少なかったです。

 

それでも常に2,3匹に追われていました。

 

頭からネットを被る防虫ネットがあるので、
これを一つ持ってくることをオススメします。

 

同じツアーに参加した韓国人達は、
みんな防虫ネットを使っていました。

 

 

ツアーに参加した不満

2泊3日のツアーになると、
ストレスになることが出てきます。

 

僕が感じた不満は、

 

・移動時間が長い

 

・水が不味い

 

・食事の量が少ない

 

しょうがないところもありますが、
ここでは僕がツアー中に感じた不満を紹介します。

 

 

・移動時間が長い

初日はアリススプリングスからエアーズロック
2日目はエアーズロックからキングスキャニオン
3日目はキングスキャニオンからアリススプリングス

毎日5時間近くバスで移動します。

(初日は8時間程)

 

それぞれの場所が離れていて、
時間がかかるのはしょうがないのですが、
さすがにキツイです。

 

バスの中で時間をつぶせるものを持ってくることをオススメします。

 

 

・水が不味い

ツアー中は猛暑の中、
とにかく歩きます。

 

そしてすぐ喉が渇きます。

 

初日は自分の持ってきた水を飲み、
水がなくなればツアーガイドが用意してくれた水を飲んでいきます。

 

しかし2日目以降になると、
ガイドが持ってきた水もなくなるので、
キャンプ場の水をタンクに貯めて補います。

 

衛生的には問題ないと思いますが、
味がかなり不味いです。

 

日本の水に慣れている人が飲むには、
少し苦しいと思います。

 

 

・食事の量が少ない

ツアー中に計7回の食事があります。

 

僕はどの食事も物足りなさを感じました。

 

ご飯の量は全員が一度装ったら、
丁度なくなるぐらいの量でした。

 

女性の方は問題ないと思いますが、
特に男性でご飯をたくさん食べたい人は、
物足りなさを感じると思います。

 

 

より詳しくツアー中の食事など知りたい方は、
下のブログにまとめたので参考に読んでください。

関連ブログ:ご飯は?風呂は?寝床は?ウルルツアーの生活面を紹介します

 

 

ツアーの申し込み方法

・ホステル

一番楽で簡単なのが、
ホステルの受付で予約する方法です。

 

ホステルにツアーのカタログが置いてあるので、
予約したいツアーを伝えれば全てやってくれます。

 

デメリットは値段が観光案内所に比べて、
少し高いことです。

 

 

・観光案内所

観光案内所で予約するのが一番良いです。

 

ツアーの種類も豊富で値段の交渉などもできるので、
安くツアーに参加することができます。

 

わからない情報があれば教えてくれるので、
自分の要望に合ったツアーを探すことができます。

 

 

・ネット

僕はネットで予約したことはないのですが、
値段を確認するためにネットでもツアー会社を確認します。

 

だいたいカタログと同じ値段です。

 

webサイト:Emu Run Experience

webサイト:The Rock Tour

webサイト:Mulgas Adventures

 

 

まとめ

長くなってしまったのでまとめます。

 

 

主なウルルツアー会社
Emu Run Experience   425ドル
The Rock Tour     395ドル
Mulgas Adventures   390ドル

(値段はどれも2泊3日)

 

 

ツアー内容 
初日
・アボリジニカルチャーセンター
・エアーズロック(ウルル)
・エアーズロックの日の入りと伴にスパークリングワインで乾杯

2日目
・カタジュタ ”風の谷”

3日目
・キングスキャニオン ”リムウォーク”

*ツアーによって行く順番は異なります

 

 

ツアー中の生活面
・食事 計7回
・寝床 テントか外を選べる
・シャワー 初日はキレイだが2日目は汚い

 

 

ツアーに役立つ持ち物
・体力
・靴
・帽子、日焼け止め
・防虫ネット

 

 

ツアー中の不満
・移動時間が長い
・水が不味い
・食事の量が少ない

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

エアーズロックに行く人の参考になればなと思います。

 

ツアー中のご飯や寝床、シャワーなどの生活面をまとめたブログです。

関連ブログ:ご飯は?風呂は?寝床は?ウルルツアーの生活面を紹介します

 

ほとんどのツアーでは、
最終日にアリススプリングスで解散します。

こちらのブログにアリススプリングスの情報をまとめたので、参考に読んでください↓

関連ブログ:本当に観光するの!?何もない街、アリススプリングスを紹介します

コメントを残す