【現地ツアー】ラマユルの行き方と費用を紹介します

 

世界一周中のユウシです。

 

今回はレーからラマユルの行き方、
日帰りの
現地ツアーについて紹介します。

 

*ここからは100ルピー=150円で書きます。

 

 

 

ラマユルとは

 

名称:ラマユル Lamayuru

 

通称:月の世界

 

ラマユルは月の世界と例えられる場所で有名です。

 

そしてラマユルの観光地にはゴンパがあり、
レーから日帰りで行けることから気軽に観光できる場所でもあります。

 

レーに着いてから体を慣れさせる場所としても、
丁度いい場所です。

 

 

ラマユルの行き方

レーからラマユルの行き方は以下の3つです。

 

・現地ツアーに参加する

 

・ローカルバスを使って自力で行く

 

・バイクをレンタルして行く

 

僕はバイクレンタルについては詳しくわからないので、
今回の紹介からは割愛させて頂きます。

 

ただしレーにはバイクレンタル屋がたくさんあるので、
現地に行けばバイクを借りることはできます。

 

 

現地ツアーについて

 

日数:日帰り

 

費用:6,000ルピー (9,000円)

 

一人当たり:1,500ルピー/人 (2,250円)

 

参加人数:4人

 

車:ジープ

 

ツアーでは車を1台チャーターして行きます。

 

そのためツアー代が6,000ルピー、
これを参加人数4人で割って一人1,500ルピーでした。

 

車は最大5人まで乗れるので、
もし5人で行った場合はこの値段よりも安くなります。

 

 

移動時間はレーから車で3時間ほどなので、
朝7時ごろにレーを出発して昼の15時ごろには帰ってこれます。

 

 

ツアー中の服装

 

適した服装:薄いパーカー1枚

 

レーの標高は3,500mと高いので、
夏でも気温が10度前後と低いです。

 

しかし日中は日差しが強いので、
日にあたれば日焼けするほど暑くなります。

 

そして高地なだけあって乾燥しています。

 

日焼けを防ぎつつ乾燥にも気をつけて、
薄いパーカーなどを1枚羽織れば快適に過ごせます。

 

 

ツアーの注意点

・高山病

レーを観光するにあたって注意が必要なのが高山病です。

 

ラマユルはレーと同じぐらいの標高なので、
レー以上に体が辛くなることはないです。

 

 

そしてラマユルには10分ほどで登れるゴンパがあります。

 

普通に歩けば簡単に登れますが、
レーに来たばかりの体が環境に慣れいないときは歩くだけで息が切れます。

 

ゴンパに登る際は高山病に注意しながら登ることをオススメします。

 

 

 

・高山病対策

 

・初日はあまり動かず、大人しく過ごす

 

・水をたくさん飲む

 

・寝ない

 

・薬を飲む

 

高山病対策としてよく言われるのが、
水をたくさん飲むこと、そして寝ないことです。

 

寝てしまうと呼吸が浅くなり、
高山病になりやすくなると言います。

 

 

レーのメインバザールには薬局がたくさんあります。

薬局に行けば高山病の薬が売っているので、
高山病が不安の人は購入することをオススメします。

高山病の薬:medicine for mountain sickness

 

下の記事にメインバザールについて紹介しているので、
これからレーに行くかたは参考に読んでください。

 

 

ラマユルツアーを写真で紹介

ここからは実際に僕がラマユルツアーに参加したときの流れを、
写真とともに紹介します。

 

朝7時にレーを出発です。

 

車はジープ。

 

道中はこんな感じで山沿いを走っていきます。

 

そして岩山だった景色がちょっとずつ砂っぽい景色へと変わっていきます。

 

そして砂山のような山たちが現れたら、
「月の世界」と呼ばれるラマユルです。

 

 

ラマユルゴンパはこちらです。

 

上から見た景色

 

 

頂上まで登れるので登っていきます。

歩いて10分ぐらいで登れるのですが、
道はこんな感じで岩道です。

 

頂上から見た景色。

 

そして山頂にはタルチョと呼ばれる旗がなびいています。

 

 

 

ラマユルに行った感想

ラマユルに行った感想ですが、
「月の世界」というのは正直盛りすぎなのかなと思いましたね。

 

しかしラマユルだけ他とは違う雰囲気なのは間違いないです。

 

そして体を慣れさせる間の観光やゴンパを観れるなど、
レーに来て最初に行く場所としては丁度いいのかなと思いました。

 

 

ローカルバスでの行き方

 

バス停:New Bus Stand

 

バス料金:211ルピー (300円)

 

出発時刻:3pm (毎日)

 

レーからラマユル行きのローカルバスがあるバス停は、
メインバザールから歩いて20分ほどの場所にあります。

 

Googleマップには地図が載ってないので注意してください。

 

そのためGoogleマップは「Bus Stand LBOC Ltd Leh 」を目印にしてもらえれば、
わかりやすいです。

 

Maps.meの地図には記載されています。

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

 

出発時刻が午後3時なので、
ローカルバスで行く場合はラマユルで1泊する必要があるでしょう。

 

バスの値段がツアーに比べて断然安いので、
時間に余裕があるバックパッカーの方にはうってつけだと思います。

 

 

まとめ

 

ラマユルツアー料金:6,000ルピー (9,000円)

 

4人で行った場合:1,500ルピー (2,250円)

 

ローカルバス料金(片道):211ルピー (300円)

 

ラマユルはレーと同じぐらいの標高なので、
体を慣れさせるには丁度いい場所です。

 

レーに着いてすぐにパンゴン湖やヌブラに行くと
高山病になりやすくなるので注意して下さい。

 

そして体を慣れさせている時間にラマユルを観光すれば
効率よく観光できます。

 

レーに行った際は参考にして下さい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

レーの関連記事はこちらからお願いします。

  

 

  

 

 

コメントを残す